アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2クール目の始まりは、軽いジャブで攻めてきた。
子猫と魚類を巡るドタバタがメインだが、ジャブの手数が多いのとリズムが良いので退屈さなど微塵もない。
子安ナレーションで、追い詰められる巻の緊迫感あるアバン。録画間違えたのかと思った。
獣の瞳を描くカットは、同じ上江洲氏の構成だった「うたわれるもの」っぽい。

今回は子猫がメインヒロイン(ヒーロー)?
でもサブキャラが話に良く絡んでいる。
社会のルールを説きながら、実は猫好きの巡のツンデレ。
出番少なめだった蓮(燦母)が男どもに渇を入れるシーンが2回はあった。鍋井まき子の演技も役に馴染んできた。
子猫に襲われていたと思えた巻が、実は子猫に好かれていて、学校での混乱の中から巻を咥えて救い出す子猫。川に落とされた子猫を救う燦をフォローし、子猫を救う「借りは返す」義侠心溢れる巻が主役かも。
しかし子猫に舐められている巻の姿は、どう見ても猫に犯されているかのような…

永澄の争奪騒動のあと、平和な朝食風景。ルナは馴染んでいるし、永澄父はお約束どおりハブられてるし。
猫が苦手な豪三郎に姑息な仕返しを謀る永澄。
直属親衛隊のヒットマン使ってフナ虫退治の学校内の騒動に、サルに三河も使いどころのポジションが安定してきた。
出番がありそうで未だに微妙な委員長のキャラ立ちは、次回のお楽しみか?
画の方は相変わらず安定していて、ツッコミどころがない。
2クール目のエンディングが変わり、回転寿司の回る皿にSDキャラ。岸監督の絵コンテ。

瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤)瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤) 7/25発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。