アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画風のセピア調のオープニングに、桜吹雪舞散る切絵調大正ロマン。
そんなノスタルジックな雰囲気にもかかわらず、悲観的絶望ネタ。
それを楽しむと同時に、可符香の根拠なき(何か伏線があるのだろうけれど)希望の対比を楽しむのが正解だろうか。
ちなみに原作コミックは読んでいない。

シャフトに新房監督で黒板ネタは定番だが、別に面白くもない。
作監は山村氏だが、パストラルに籍があったんじゃなかったのか?
可符香は「ネギま!?」程度には動いている。でも比較的動きのない他のキャラと比べて違和感もある。
Aパートでは「ハヤテのごとく」風に実写顔の自主規制君がパンツ規制をしているが、Bパートの妄想温泉では下着OKで乳首と尻を規制。規制事態がネタなのだろうが、基準あいまい。

新房的記号を散りばめた、ある意味安定感ある演出。
これから色々なキャラが絡みだすとどうなるか?1クールだから何とか乗り切るだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。