アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親子3人で川の字のベッドだが、壁のピンナップが自分たちの版権イラストってどうなの?
なのはママにフェイトママか。なのははパパだと思ったんだが。
こんな擬似親子関係の進展があったが、エリオとキャロにとってもフェイトはそんな関係だったし、そのフェイトにしてもリンディがそうだった。
ナカジマ家はギンガとスバルの母を失っている模様で、これからフィーチャーされる回でもあるのだろう。
擬似家族、真の家族それぞれの関係が交差しながら進む想定なのかもしれないが、キャラが多くなりすぎて掘り下げも効かずに、弱い伏線を投げっぱなしになりそうな予感もする。

管理局と地上本部の成り立ちなど過去の経緯をフェイトが説明し、六課が臨時査察を受けたことなどから事件が動いてゆくようでもあるが、相変わらずスローモー。
シリーズ構成の失敗か、薄いシナリオに関わらず2クールの枠を取った製作の失敗だと思う。
残り10話で事件の収束へたどり着くのか?バタバタしそうだが。

幼すぎるヴィヴィオと水橋かおりの演技に救われた回。
画は低レベル安定で、サンシャインのグロス回。
キングレコードはじめとする製作委員会も、グッズの儲けばかり考えずに、制作にもう少し費用をかけられないのか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。