アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始まっちゃいました。バッドエンドの惨劇、問題作のアニメ化。
原作ゲームは期待していたものの、遅延とバグの嵐に特大ギガパッチ連発でついに買わず仕舞い。広告で告知された程度にしか、内容は押さえていません。
2年経ったから、そろそろバグもないだろうし、ゲームを買ってみても良いかもしれない。
PureMailでは当時(2000年)一般に普及し始めた電子メール、School Daysではカメラ付き携帯と、オーバーフロー(Overflow)のゲームではコミュニケーションツールが活躍する。
PureMailでは黒さが滲み出ているところが好きだが、果たして鬱ゲーの代表作School Daysのアニメはどうなるか。

監督:元永慶太郎、シリーズ構成・脚本:上江洲誠、制作:TNK、製作にエイベックスとランティスがいたりと「らぶドル」のような体制。
元永・上江洲コンビは「あまえないでよっ!!喝!!」もやっているから気心は知れているだろう。
TNKも原作付きで1クールなら、グロス出しながらある程度のレベルは保ってくれると思う。
劇伴は大久保薫、作編曲は大活躍だが劇伴は初かな?
制作体制は期待が持てる。

第1話ではメインキャラの出会いと次回以降に予感させる暗雲の伏線を展開しつつテンポ良くまとめてきた。1クールなら、つかみと設定把握のためにこの位の材料を撒いてくれた方がありがたい。
電車で出会う子に声もかけられないヘタレた主人公の誠(良くありがちな自覚無きエロゲ主人公)、お節介焼きに見えて実は主人公が好きなヒロインの世界、病弱で巨乳だが料理下手なヒロインの言葉。
ダブルヒロインに「どっちにするの!」的に問い詰め、責められる主人公の運命や如何に?
この責めもストレートではなくて、ヒロインたちの微妙な心情変化を陰影を伴なって描いてくるだろうから、この辺が見どころになるのだろう。

世界と言葉が並ぶキービジュアルは、見覚えある西国分寺駅の上りホームに似ている。
帰りに誠と世界が別れたホームは島式なので別の駅のようですが。
まず第1話は、誠に言葉を紹介する世界。
昼を一緒にする約束で、ヘタレ誠を引きずる世界の「じゃあ、男になりなさい!」は、周囲の生徒に誤解されそうだが…
お互いに言えないだけで好きな気持ちはあったから、誠からの告白につき合うことを承諾した言葉。
帰宅時の駅のホーム、世界に報告をする誠に「あせってエロイことするなよ!」と、有り難いアドバイス。仲を取り持ってくれた世界へ、お礼がしたいなどと殊勝な誠。
そんな誠のウブな理性を一気に吹き飛ばす、世界から誠へのキス。
これが世界が受け取るお礼代わり。これで済むはずもないが…
世界には一生感謝するなんて言っていた誠の、暗黒のSchool Daysの始まりの1日かもしれない。
撹乱因子として、世界と誠を見つめるクラスメイトの刹那にも要注意。

今回は絵コンテ・演出は元永監督が手がけているが、見せ方がわかっている。
少しもエロシチュエーションなど無いが、女子学生の意識しているともしていないとも断言できない、誘うような微妙な仕草のカットと寸止めアングルに技を見た思いがする。
キャラの動きにつれ可変する絶対領域、電車に駆け込む言葉のバックローアングル、誠にフェンスに押し付けられて乱れたスカートのプリーツを直す世界の指先、自分の袖先を掴む世界の指などフェチの感性に強く訴求するカットの数々。

この第1話の演出で、見続ける決意を新たにする。
あれ?書いていて思い出したが「ゼロの使い魔」第1期の第1話で、ルイズ様が黒ニーソをパチンと穿いたところで視聴を決めたシチュエーションに似ている。
フェチ野郎にも見どころがあると言うことでご容赦を。

TNKの公式サイトで元永監督、上江洲誠さん、ごとうじゅんじさん、メイザーズぬまきちさん、蝦名音響監督のインタビューが配信されています。
約70分の収録なので、お時間のある時にどうぞ。




School Days 第1巻 初回限定版 DVD 9/26発売予定(Sofmap)
School Days 第1巻 初回限定版 DVD 9/26発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。