アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ「ヤミと帽子と本の旅人」キャラ登場。
ゲストキャラの位置付けではなく、「ヤミ帽」の本の世界のひとつが桃華月憚の舞台「上津未原」と言うことで、リリスと葉月の視点で描かれる。いや、ケンちゃんが主役かも。

ケンちゃんの孤軍奮闘にもかかわらず、エロ面はいつもより抑制したのは何故だ?
ケンちゃんが覗く桃花の胸も、香陽がめくる葉月のスカートの中も(はいてない?)ケンちゃんが寧々のスカート下から仰ぎ見ても、視聴者は恩恵にあずかれない。
ずいぶん抑制が効いている。
「ヤミ帽」だとこんなものだったかな?
構成も劇伴も「ヤミ帽」と似ている、スタッフは同じだからそのまま流用か。
制作側は「ヤミ帽」の最新作を描いているつもりだろう。

この上津未原に初美=イヴの痕跡を追って、葉月とリリス。
本を480ページ遡った時代に初美の痕跡。
そこでは雪牙姫に寧々、香陽がいるから、480年ずっと生き続けているってことか?
以前の話数では白川明日菜を雪牙姫のところへ香陽が連れて行ったから、雪牙姫は今もいるのだろう。この姉妹役割は、やはり時の番人か?
冒頭とラストで2回も言っていた「本気で恋をしてみようと思う」
寧々の動機がわからないが、叶う事は無かったようだ。

そこで、さくらと呼ばれていた初美に出会うが、こげチビが本をでたらめにめくったため、消えて行ってしまう。
そこで葉月とリリスは、石剣を抜き切り倒すイサミヒコとジュナ・セイ・フウ(以前の話数で回想に出てきた)を目撃しているが、初美のいた時代か不明。
イサミヒコに対してジュナの発する「兄者!」
これにシンクロして、現代では原稿用紙に「兄者」

桃華月憚の現時代では葉月とリリスは極力絡まず、ケンちゃんが一手に引き受けていた。
桃花にバットで打たれたり、桃香にゴキブリのごとく潰されたり、寧々に焼き鳥にされそうになったり、由美子と呑んだくれたり、頑張ってました。
桃香と葉月の似た雰囲気同士の絡みも見たいところではあった。

ヤミと帽子と本の旅人 DVD SPECIAL BOX
ヤミと帽子と本の旅人 DVD SPECIAL BOX 2007/6新発売のavex版(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。