アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニアに対するヨーコのわだかまりも消え、ニアを迎えた大グレン団も新たな敵と対峙する。
今回の脚本と演出では亡きカミナの存在を強く意識させるつくりになっている。
モグラのように地面を掘るだけだったシモンも、海を渡り潜り、そして今回は空を飛ぶようになった。

かつてカミナの座ったグレンのコックピット、病気のロシウに代わりヨーコが乗る。
乗り込む前の一瞬、ヨーコのためらいと沈黙で失ったものの重さを表すが、ブータの後押しで前に進むことが出来る。
エンキに乗り再来のヴィラル。カミナの死を知らずに戦ってきた彼も、シモンの口からその死を聞くことになる。最大のライバルを失った悲しみと「ただの人間の子供」に負け続けたショック。
ヴィラルの衝撃の大きさが、カミナの死を嫌でも思い起こさせる緻密な構成。

傷ついたヨーコを降ろし、シモンのグレンラガンと1対1での決着を望むヴィラル。
このあたりの筋立ては古典的だけれども、少年(少年は過ぎ去った年でも)のハートを熱くさせてくれる。
サムライの意気を感じさせるヴィラル、少し大人になりふてぶてしさも垣間見えるシモンの決闘。
そこにシトマンドラのガンメン、シュザック登場。ヨーコを人質に取り、グレンラガンの始末をヴィラルに指示。それに抗命し、鞘に収めるヴィラル。

螺旋王の前に引き出されたヴィラルの「人間とはいったい何なんですか!」
人間とは、獣人とは…きっとニアの抱く疑問も同じだろう。
自らの父と運命に向かい合うニアの時間は、残り少ないのではないかと予感させられる。
ニア編とは言いつつも彼女のフィーチャーは少なく、亡きカミナの姿を意識させ、それを乗り越え成長するシモン、シモンを見直しつつあるヨーコなど、新展開への伏線と核心に徐々に迫る展開だった。

そう言ってもショートカットにしたニアは軽やかで、相変わらず気取りない。
その軽さが今回のサブタイと多少の伏線に生かされている。
何か役に立ちたいと言うニア。料理を申し出る。
ロシウの病気は試食したゆえの食あたり。それ故に今回はグレンにヨーコが乗ることになった。
最後にたくさん作った料理をシモンだけ平気で平らげていたが、今回の最大謎!

空戦をはじめ、メカや戦闘シーンは綺麗だった。
しかしキャラの作画は前話より大分落ちる。アバンのニアの表情や引きの絵は、緩くてだらしない線。作監修正が甘いのではないか。

空色デイズ(グレンラガン盤) (Amazon)
天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) (Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。