アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく対人バトル面で動いて来た事と、新人たちのちょっとした知能戦で作戦には勝利した事で救いが出てきた。
レリックと謎の少女を巡り、新人組とルーティシアの地下での戦い。
ヴィータとリインも加勢するものの、敵をいったん取り逃がす事となる。
倒れたキャロを抱くエリオがいい感じで、少年らしい実直さを感じさせるキャラも立ってきた。

地上でキャロとアギトをバインドで拘束するものの、敵キャラ(確かクアットロ)にレリックを強奪されてバインドも解かれてしまう。地面から下に水のように潜れるのは少々気味の悪いキャラ。
屋上では謎の少女を搬出するヘリを砲撃する敵キャラ2名。
ルーティシアを「お嬢様」と呼ぶ事からして、スカリエッティの生み出した「ナンバーズ」クローンなのだろう。しかしスカリエッティとルーティシアの関係は秘匿されたまま。
ルーティシア自身は11番のレリックしか求めてないようだ。

「あなたは、また守れないかもね」とヴィータに告げたと言うことは、過去のなのはの負傷事件を知っているのか、何故知っているのか、内通者が管理局にいるのか、それとも他に開かされてない事件があったのか?

地上本部で戦闘映像を見ながら闇の書事件をあげつらい、はやてと機動六課を批難気味の中将と女士官(秘書か?)の動きが今後の伏線として注目される。

ナンバーズのSクラスの魔力に対抗しては、新人組は歩が悪いから、暫くは隊長たちの力技のフォローは欠かせないのだろう。
このハンデをどのように乗り越えられるか、新人たちの成長物語の描き方が気になるところである。
ナンバーズはキャラの多さが煩雑。キャストは兼役が多くなってきた。

少し動きが良くなってきた感じだが、未だに広がるキャラと伏線設定。
ミリオタの琴線には触れるだろうが、軍事組織の設定に引っ張られすぎて過去の清算なのか成長物語なのか、何を見せたいのかフォーカスの甘い作り方なので少々の不安も。
投げっぱなしで終わらぬよう、ここから残り1クールの構成が見もの。
萌えが足りないのはいけないと思います!

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1 7/25発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。