アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石蕗の大祭の前、生け贄にされる亜由美を助ける煉の活躍が目立つ。
亜由美は、本来の生け贄の真由美の替わりに作られたクローンと知り、一時は諦めた煉だが綾乃に励まされて、と言うよりも焚き付けられた感じで、亜由美奪還作戦。
ここの立ち直りと動機付けは、少々甘い気がする。
神凪宗家から、石蕗には手を出さぬように念押しされている綾乃だが、それにも関わらず「騒ぎを起こさなければ」「会って亜由美に謝るだけだから」とは軽い。設定がそうなんだろうが、主要キャラの中でただ一人、進歩せずに変わらない。
この先の成長を見せるための伏線にせよ、そろそろ飽きてきた。

石蕗家の家風、護るためには犠牲も厭わない事らしい。
封印された魔獣の力を鎮め、富士の噴火災害から守る、その儀式の犠牲が亜由美。
クローンの亜由美だけでなく、父親も既に封印し本体の真由美も封印する姉の紅羽。
その目的は魔獣を鎮める事ではなく、魔獣の力を利用する引き換えに、大祭の儀式で霊力のある「エサ」を魔獣に与える事だろう。
霊力から考えてクローンの亜由美ではなく、本体の真由美が必要なはず。ただし亜由美が体内に持つピクシーの秘宝は与えるつもりは無いものだと想像する。

真由美の執事勇士は、紅羽の力をもらいゴーレム化。
この紅羽の力は魔獣の力を利用したものだろう。
生け贄の真由美が幼い頃、自分の運命を知る真由美からファーストキスされ「一生私を守りなさい」と言われ、宿命付けられた勇士の悲しさ。その自己犠牲を美化し散り行くさまは愚かでもある。
これも石蕗に仕えた運命。

問題への対応として、紅羽を倒す事ではなく魔獣を倒す事が肝心だと気付く錬の閃きで、自己オチに向かう。
犠牲を伴なうことなく、皆が幸せになるような大団円解決を目指し、次回は解決回か?
魔獣倒す、噴火収まる、紅羽は元に、魔獣の力で亜由美人間化、ピクシーは不要になった亜由美の中の秘宝還る、和麻は多額の報酬、煉は亜由美とラブラブで一同ハッピーエンドか。
何も変わらない綾乃の空回りは続くかな?

シナリオと演出が変なところもあるけれど、芯はしっかりしているから不安は無い。
今まで演技に難があると思っていた亜由美役の酒井香奈子、この作品では少し良くなった。後藤邑子の演技に似せているところが気になるけれど。
もう一人、ピクシーのティアナ役の真堂圭、このキャラの演技ならば悪くない。もう少し軽い感じで媚びる演技でも良かったけど、これは音響監督の指示だろうから仕方の無いところ。

風のスティグマ S・エディション 第1章(限定版) 8/24発売予定(Amazn)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。