アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨大化永澄による家屋崩壊も瀬戸組の手で修復され、新しいキッチンでご機嫌な永澄母と、ローンだけは払いつづける事になる永澄父のコントラストで、一見平和な日常が戻ったように錯覚。
しかし永澄家に潜む対人地雷、燦にとっては獅子身中の虫、ルナのフィーチャー回というか永澄強奪編のプロローグらしい事はわかる。

もうひとつわかった事、ルナの下僕の永澄は、エロ澄でもあると同時にM澄でもあった。
試験の0点連発で、政さんから落第警告を受けたルナが、自室で永澄に勉強を教えてもらう設定。
燦と永澄母は、買い物に出かけて留守。永澄父は、燦父とルナパパに挟まれてドライブ中!
まあ、エロゲで言うところの「今、家には誰もいないの(はあと)」の状況な訳で、ルナにとっては永澄に下僕としての忠誠を誓わせるチャンス。永澄の膝に乗り、すりすりと腿で刺激。
少しなびいたと思ったら 開脚電マ、いや股間ピストンキックで永澄を調教、Mの快楽を引き出す。
しかも2度目はルナの黒ソックスを脱いでの素足でピストン。なかなかわかってらっしゃる演出は浅井氏。

今話で委員長は見かけなかったけれど、大量のサブキャラを工夫しながら使っている。
使い方が難しそうな巻は、いちゃつく永澄とルナを「人魚ごろし」を呑みながら見物。二人がくっついてくれれば、燦は瀬戸内に戻ると思い込んでいる豪三郎の放つヒットマンとしては、的確なポジションでの演技。しばらく情けない状態だったが、毒舌復活。諸肌見せて永澄を誘惑するギャップには笑える。
三河とサルは、拉致された永澄のヘリに手を振るだけに登場。次回への微妙な伏線だと思っておく。
シャークと巡は学園で0点ルナに絡めて登場。
ここでのルナのセリフ「えいえんはあるよ」はONEのパロだろう。岸監督のネタではなさそうな気がするから、上江洲氏の仕業だろうか。

脚本は上江洲氏。以前の回でも「sola」の脚本の回の感想でも書いたが、つなぎ回的なところでも工夫してきちんと書いてくる。
今回は絵コンテは影山氏だったか、派手ではないけれどバランス良く収まっている感じ。
テレビ見て横になりながら、煎餅かじって尻をかくルナのカットは岸監督の趣味も入っている気がする。

そう大きな騒動も山も無い回を、音響がフォローしている。
劇伴やSEは控えめだが、キャストの演技が作品のベースラインを支え、底上げしている。
今回は野川さくらの怪演・熱演を賞賛しておく。巻役の桑谷夏子も。
極端に目立つわけではないが、キャラの設定と場面の心情を消化し安定して演じる桃井はるこの演技は再評価に値する。

さて永澄家では、水がこぼれて足にかかったルナを永澄が拭くところに、ルナパパ遭遇。
いや、どうみてもルナの露出した尻を拭いてます…乾きかけて人間の足に戻った瞬間。
事後の始末に見えないわけが無い状況。
ターミネートされるか、ルナの婿になるか究極の2択の結果、婿としてルナパパのヘリで拉致。
さて、亭主の不貞は妻の責任とばかり、自分を責める燦の行動は次回に。
SMプレイの後には放置プレイ。次回は1週休みで、7/1深夜の放送(東京)
1クール終えても作品のテンションが落ちない。岸監督の本領が発揮された代表作になる事が期待される。

瀬戸の花嫁 キャラクターソング2(江戸前留奈) Wishing! 6/27発売
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。