アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佳代ちゃんの留学で打ちのめされ、野乃たち先輩の卒業を目前にしても立ち直れないイジイジした麦を描きつづけ、「私の戦いはこれからだ!」的にまとめたのは、ちょっと尻すぼみ気味だが、まあまあか。小さくまとめてしまった印象は残る。
第二期を目指して落としたのであれば良いのだが、このシリーズだけで見ると学園祭の主役舞台以降の話数は冗長にも感じる。

予想外だったのは、美麗の保管していた衣裳を誰も着ないままに終えたこと。
イメージ映像では舞台の野乃に着せたシーンはあったが、思わせぶりな伏線の割にはぐらかされた感あり。
卒業記念の舞台とか、卒業生送別の舞台があるのかと思ったが、それもなし。
衣裳を着た麦の舞台で締めるのかと思ったが…

Aパートは煮え切らない麦と、周囲に流れる慌ただしい日々に終わる。
オリナルも終盤にきてキャラ立ちしてきたが、桂木に告白して自爆エンド。
原作での設定は知らないが、もし二期あるのならオリナルに幸ある設定を。
シリーズ全体では麦の内面描写とモノローグに偏重して、サブキャラの立て方が不足気味。
野乃は、この第一期は「野乃編」に近いウェイトであったから、過不足なく描かれていた。

Bパートは麦と野乃をイメージ映像を用いて描くが、少女趣味的ではある。
イメージ映像も観光写真的でCG多用の背景と併せてソリッドに感じる演出だが、もう少しウェットで叙情的でも良かったかもしれない。

エピローグは新年度、「先輩」と呼ばれる立場の麦。
甲斐は美術やっているようだが、オリナルと麦は演劇なのだろうか?含みを残してエンディング。
チャンスがあれば第二期を期待したいところ。
XEBEC M2 もXEBECの別スタジオとは言え、独自色が強い。武蔵関の本橋スタジオと言った感じ(だからM2なのか?識者の解説を求む)
来期は毛色の違うZOMBIE-LOANを同じ西森監督で手がける。
今後も無理のない範囲で自社制作を続けてもらいたい。
ひとひら 第1巻
ひとひら 第1巻 6/22発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。