アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主人公とは同級生とは言いながらも、損な役回りかもしれないサブヒロイン、真名の活躍で秘密を解きながら物語が回っている。
蒼乃に操られ茉莉を刺した廃屋で、依人の記憶も断片的に戻ってくる。
リアルだったら鬱陶しいサブキャラ、沙絵がもたらした「トマトしるこ」情報を追って、辻堂にたどり着いた真名。茉莉への伝言「依人が苦しんでいる」を辻堂に託す。

真名から蒼乃が夜禍である事を知らされた依人。
「本当の事を知りたい」依人と、「二人で暮らしたいだけ」の蒼乃の想いはお互いに交わらない。
依人は蒼乃の作り出した紙人形だとは感じられていたが、茉莉の持つ剣に貫かれて依人の正体が明らかになる衝撃の演出。

茉莉の語る「依人」の真実も、伝奇的エッセンスが感じられて悪くない。
生け贄であったのに(夜禍として)生き続けてしまったため、土砂崩れで「依人」が引き換えに死んだと思っている蒼乃。弟への強い思いが幻影の依人を作り出した、少し悲しい話。

それでも「キミはキミ」と「依人」ではなく、今の依人への想いからキスをする茉莉。
夜明け前の空の下「消えて、私と一緒に」
辻堂に剣の使い方を訪ねた上で借り受けた茉莉、青空の下での消滅ルートか?
理屈は明かされていないが、自らの夜禍の命を絶って(自分が手を下した?)蒼乃と繭子を人間に戻すつもりだろうか。
依人と心中エンドを望むのか、それとも蒼乃が人間に戻ると自動的に依人も消えてしまうのか。
残り3話残しながらも、綿密な構成のため先の読めない展開は続く。

茉莉ルートを進んでいる依人。
静かな倉庫で寄り添う辻堂と繭子。
他人行儀だけれど、久しぶりに一緒に寝る真名とこより。
蒼乃だけ一人…

それぞれの願いが叶うのか、どの願いが叶うのか、奇跡が起こるのか、どうもKanonのような久弥流のシナリオ世界に絡め取られる気がしてくる。
損な役回りとか描いたが、真名とこよりの姉妹が鍵を握っている気がしてならない。
この姉妹の設定も作中ではあまり語られていないので、二人を使ったどんでん返しでも仕組まれていても不思議ではない。

脚本:花田十輝、絵コンテ:こでらかつゆき、演出:千葉大輔

sola 初回限定版<.ANIMEスペシャルパッケージ版>予約中!七尾奈留描き下ろしテレカ(全巻購入特典)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。