アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時期は3学期。
学園祭の舞台の後のネタはもうないだろうと思っていたが、麦は何も変わっていない事、自分の事だけで精一杯で佳代ちゃんの気持ちを考えていなかった事、そして留学でいなくなる間際でも佳代ちゃんの気持ちから眼を背けている事を示して、麦の成長物語の締めに充分な話数を取ってきた事がわかる。

去りつつある佳代ちゃんのポジションを埋めつつあるオリナル。
麦を追いかけ噴水の前で話すシーンは、入学の頃の麦と麦を励ます佳代ちゃんを思い出させる。
美術倉庫で美麗の「去って行く人は無く事も出来ないの、背中しか見せないの」
去る人あれば残る人、新たに来る人、その中で麦が自分をどのように捕らえるのか、最終回で見せて欲しいところだ。

Bパート、オリナルに呼び出された舞台上の麦と佳代ちゃんの会話、舞台の袖で見守る甲斐とオリナル。
視聴者からは舞台上での劇中劇を見ている錯覚を与えるコンテ、演出。
止め絵が多いが、カメラワークとフレーミングで舞台のシーンのように感じられる。
ただ、このシーンの台詞は少し物足りないが、麦と佳代ちゃんの関係を語るにはこのくらい控えめがフィットする。

佳代ちゃん旅立ちのあと、野乃に「ひとひらで伝えたかった事、やっとわかった」麦は、次回最終回に何を見せてくれるか。
「野乃が着るはずだった」と美麗が言う美術倉庫の舞台衣装、活躍するのでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。