アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今まで何度か登場の謎の神曲楽士ディーレンと、その精霊メイルリートの決着編。
大迫純一の脚本はシンプルに書けている。
ただ各話ブツ切り構成だから、以前の登場回でのエピソードが何の伏線にもなっていないのが難点。この1話でバタバタとまとめる事になるから、少し悲しい過去の出来事にも深みが出てこないのが惜しい。

何のヒネリも無く、シャムラ土木から依頼を受けたツゲ事務所が、廃屋の解体工事に取り掛かる。それを妨害するディーレンとメイルリートにより、レンバルトが軽傷を負う。
ツゲ事務所総動員で、再度のチャレンジ。双子ちゃんを囮を使った隙にフォロンとコーティが廃屋に先回りし、そこでの発見と対戦。

設定が少し変。
ディーレンの妹は火事で死んだから残して、単身楽団だけ火中から回収してきたメイルリートの行動も不可思議。ディーレンでなくとも怒らないか?
死んでいたとしても、遺体を回収するのが常道ではないかな。
契約精霊を憎んで負のエネルギーで生きてきたディーレンの事は理解できたものの、契約解消に至らなかった肉付けが無いので、お互いのカタルシスは得られない。
元々敵キャラの後付け設定のようにしか思えない。

画はもう慣れたが、スタジオ九魔のグロス。少ない動画枚数をパンとかエフェクトでカバー。
今回は演出が変。
絵コンテだって誉められはしないけれど、ツゲ事務所一同の出陣と見送るシャムラ土木の従業員は大げさではないか。
決行前日の「雨、上がったね…」とコーティに語りかけるフォロンのシーンは良かったのに。
どうもバランスが悪い。
脚本が「良いお話」にまとめたいのに、違う方向に足を引っ張っている。
力強いストーリーであれば気にもならないのだが、弱々しい微妙なレベルの脚本だから出来上がりが危なっかしい。

ディーレンの神曲がずっと前から届いてなく、オルゴールに擬して「何年もほったらかしで、錆びてボロボロ」のメイルリートの今後と、「借りは必ず返す」と啖呵を切って去ったディーレンの物語は、実は投げっぱなしで終結してはいない。
あと2話でフォローする気があるのか、投げっぱなしで終わるのかも注目したい。

次回のマティアとマナガに少しだけ期待しておく。
原作にあった、歌う精霊の改編脚本になるのかもしれない。

ApocryphaApocrypha
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。