アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蘇生の奇跡とその代償の犠牲、想いと願いが交錯しながらすれ違いながらも収束する安堵感。
伏線の回収と共に別の伏線が生まれ、緊張を保ち進むシナリオ。
いかにも久弥直樹らしい脚本。

茉莉へのトドメを思い止まった蒼乃。幻想の幼い蒼乃が止めに入った。
現場に駆けつけるも蒼乃の残した折り紙を見て気絶する依人。これは弟を思いやる蒼乃のマインドコントロールだろうか。
真名のクラスメイトの沙絵が、以前から辻堂を気にしていたことを伏線に張っていた。
雨のファミレス前で「夜禍」と行動を共にする繭子の情報を、辻堂に教える事になる。
蒼乃からは致命傷は負わなかったものの、辻堂からも追われる茉莉、それに行動を共にする繭子。

茉莉と蒼乃、茉莉と辻堂のバトルに終始するかと思わせて、実は今回は辻堂(繭子に言わせると剛史-タケシ)の救済物語だった。
辻堂と繭子は姉弟かと思っていたが、幼なじみだった。繭子は多分お金持ちのお嬢様。
茉莉と辻堂の戦いの裏で、辻堂の回想シーン。
以前にもフラッシュバックで挿入されていたが、強盗に襲われ殺された幼い繭子のシーン。
それを夜禍が蘇えらせた。茉莉なのか蒼乃なのか、他の夜禍かは明かされない。
二人して家を黙って出たのだろう。特殊な刀と夜禍の命が繭子を人間に戻すと信じ、年月を重ねた辻堂の想いと繭子への約束。
しかし繭子の願いは剛史と時を過ごす事。そばにいて欲しいだけ。
戦いの刹那に二人の想いと願いが交わった。
何で夜禍の命で繭子が人間に戻ると思ったのか、刀はどうやって手に入れたとか、茉莉をターゲットにした理由とか設定の細かい事は置いて、このBパートでたたみかけるように一気に辻堂と繭子の物語をまとめた。
繭子役の金田朋子の演技も良かった。
茉莉にしてみればダシにされたと思えるかもしれないし、茉莉の物語は何も片付いていない。

片付いていないのは、こちらの姉弟の関係も同様。
気絶した依人を自宅に「匿う」真名。
前回、依人への面会を蒼乃に拒絶され、その態度に不信を抱いた事が伏線になっている。
蒼乃からの電話には「いない」と嘘をつく。
直接押しかけた蒼乃を拒否して追い返すのは、前回の裏焼き。
さて、真っ直ぐな心の一般人の真名、それに対して弟への偏愛姉さん、どんな手で来ますか?

茉莉と蒼乃のバトルに巻き込まれる真名・こよりを予想したが、どうも真名は蒼乃との依人争奪戦の当事者になってしまった。
蒼乃、折り紙を操るか、こより巻き込まれるか、茉莉はどう出る?
辻堂と繭子もこれで退場ではあるまい。
色々とわかってきたけど、伏線も色々わかるけど、その先はさっぱりわからない展開が続く。

アニメの脚本でも才能を示した久弥直樹。
原案に一部脚本の形式であればテレビシリーズも出来る事はわかった。
でも彼の本領が発揮されるのは、ゲームシナリオだと思う。そろそろ本格的に戻ってくれないだろうか。



sola(初回限定版)color.I 6/22発売予定(.ANIME)
sola(初回限定版)color.II 7/27発売予定(.ANIME)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。