アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルナパパ役に玄田哲章。
外画でターミネーターなどシュワルツェネッガーの吹き替えが多い(個人的にはドカベンの岩鬼だが)
アニメオリジナルな話なのかは知らないが、中の人そのままパロにしている。
瀬戸組の豪三郎と肉体派同士の競演が中心ではあるが、評価が難しい。

さてルナパパ登場の回はアメコミ調のアバンで始まる。
ルナが同棲する永澄の様子を見に来たようだが、娘への愛情表現と同じで不器用。それが大げさな騒ぎを引き起こす。
学校内でシャーク藤代も打ちのめし、永澄を追いまわしAパートが終わったが、勢いだけで回している感がある。Aパートで少し伏線張ってから、ドタバタはBパートに集中した方が良くなかったか?
尺を余らせているように感じる割には、肝心のルナパパが確かめたかった「永澄が自信の事としてルナをどう思っているのか」父親としての不器用な愛情と、それに対する永澄の答えが中途半端で終わった事。
永澄自身、ルナとの同居生活のシーンが描かれてない中での今回のルナパパの問いは無理があるだろう。シリーズ構成に違和感あり。

永澄とサルと三河は逃げているだけ、燦はじめ女子キャラの活躍が少ないせいもある。保健室の燦母をタイミング良く使って欲しかったところ。
スピードに頼るのではなく、シチュエーションとキャラを絡めて絞り上げる脚本と演出が欲しかった。今回は誰だったか、見落し。
I'll br back! と去っていたから再登場はあるだろうけれど、以降の伏線回と言うには薄いし、単発で見てもギャグとパロが軽い。
番外編だったら、もっと設定を無視してはっちゃけて、こんな話しもアリだろう。

Cパートの政さんとケージに入ったままの巻、そしてDVDの発売CMの政さん「エイベックスエンタテインメントでさぁ」に救われた。
もっとも、水に流された巻は救われなかったかもしれないが。
次回、東京は27:30放送。最大90分の繰り下げで05:00開始。卓球の次はテニスのようで、苦難が続く。

AD:オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。