アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中休み回と言うか、番外編的なノリで学校の怪談を描く。
2クールで余裕があるから、このようなお遊びも悪くないのだが、いつもの空回りヒロインの綾乃をメインに持ってきても面白くない。
視点を変えた方が良かったのではないかな?

シナリオ自体は単調。
学園に出る人魂退治を依頼された宗家、何か含むところあるらしく綾乃に任せるが、護衛には和麻をつける。Bパートで肩もみする煉に「あの二人、どう思う」と訊ねているから、この先の伏線なのだろう。
夜の学園には綾乃と和麻。賑やかしで七瀬と由香里が連れ添って、ワイワイしながらAパート終了。光の玉が現れ、その巻き起こす風で3人のパンチラを披露してくれたが、どうも演出が空気読んでいない感じ。
何でも見せれば喜ぶってものではないし、反対に転んで見えそうなカットで見えないなど、場当たり的な仕事が感じられる。

人魂と噂された光の正体は、妖精たち。
老い先短い桜の老木の最後の願いを叶えるために集まり、満開に咲かせ散らせて去って行った。
良いお話で締めると思いきや、妖精は人をからかって楽しんでいただけって身も蓋もない和麻の解説や、それを聞いて逆上する綾乃で台無し。
いつもらしいといえば、そうだが。

ティアナと名乗ったチビ妖精。
彼女を今回のヒロインにして、その視点で主役を食うくらいの活躍シナリオで構成すれば面白いのに。
某ちっちゃい空曹長を思い出させるけど、なかなかキャラデザも良いからもったいない。
素材は良いのに、調理が悪くて歯がゆい出来ばえ。
まあ次回は真のヒロイン、煉の活躍が見られそうだから期待しよう。

AD:キャラクターグッズなら「キャラアニ.com」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。