アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学園祭の公演は何とか成功した、麦と演劇研究会の仲間たち。
しかし演劇部との優劣を競う投票には敗れ、演劇研究会は解散へ。
麦ヒロインの公演で締めると思ったこのシリーズだが、後日談に尺を取って構成してきた。

アバンから佳代ちゃんの思わせぶりな相談シーンで、この先の麦の不安を予告する。
半強制とはいえ演劇研究会に入ってからの麦が少し前向きになった事、でも根本では変わっていない事を軸に、入試に向けた先輩たちや変わらないオリナルを絡めて、一歩進んで二歩下がる麦の冬の日々が描かれる。

クリスマスに予定の無い麦たち。野乃や美麗を誘って、演劇部の部室でのクリスマスパーティー。
今までの写真を見ながら、佳代ちゃんの何か含むような「何気ない一瞬一瞬が大事なんだよ」
積もった雪の校庭で「私なんかいなくても、麦は絶対生きていける」
そして、写真の勉強に留学する事を麦に告げる。
気の弱い麦が中学時代から頼ってきたとは言え、佳代ちゃんの宣言にショックを受ける麦の反応が過剰に思えるのだが、学園祭公演での燃えつき症候群に輪をかけたのだと解釈しておこう。

Bパートは新年。
ショックのままの麦を初詣でに誘い出す、甲斐とオリナル。
佳代ちゃんから事後の麦のことは託されたようだ。
髪を下ろした麦に、演劇部へのオリナルの誘い。
麦の後ろ向きの気持ちは簡単に変わるはずも無く、帰りかけた時に願掛けの絵馬を収める野乃と出会う。

背景に登場していた煉瓦風の吊り橋のたもと、佳代ちゃんの留学を止めたい、素直に応援できない麦に野乃から「ずっと変わらないものなんて無いわ、終わらない舞台が無いのと同じ」「舞台に立った人を止める事は出来ない。でも応援する事は出来る」
立ち去る野乃と、居場所を失いかけた麦の慟哭「みんな行っちゃいや!」
映画風のコンテと効果そして劇伴で、情感一杯に今話を締めた。

アスリードのグロス回。確か2回目。
キャラの表情が少し不安な作画だが、ひどくは無い。
あと2回、麦が次のステップに歩みだす姿を描いてくるだろう。
原作コミックの状況は知らないのだが、まとめ方によっては第二期に繋げられそうな感じになるだろうか。

AD:スカパー!今ならご加入0円!初期費用無料
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。