アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
築地俊彦の脚本担当回、脚本協力とは聞きなれぬが成田良悟(アニメ化されるバッカーノ!の著者)の担当。
アニメ制作で言うところのグロス請けなんだろうか?築地は名前だけ貸したのだろうかと思って検索してみると「アニメ版ポリフォニカの後半の何話かで、単発の話の脚本の原案をやらせていただいております。あっしが出した断片的なネタを、脚本の方々が一本のストーリーにして下さった形ですので、もしよろしければ御視聴いただければ幸いです……!!」成田氏の「偏屈行進曲
脚本原案の位置付けのようで、他の話数でも書いてる模様。

それにしても脚本も絵コンテも演出も締まらない。
このシリーズのテーマ、人間と精霊の関係を描こうとしているのはうっすらと伝わってくるのだが、構成が稚拙で、そんな事も忘れてしまう。
これだけ低いレベルで揃うと、監督も匙を投げているように感じる。

・アバンの人質事件でフォロンの演奏失調、コーティ失速、人質事件自体は何の伏線にもならない
・スランプのフォロンにオカンムリのコーティ、ユフィンリーに紹介された作曲家ザールの元へ
・コーティ、ザールに曲を作るよう強要
・ザール、作曲は精霊を見てそれを写すだけだが、お前には必要ない
・やってきたメイルリート(敵の精霊)外でやり取りを聞いている、次回の伏線だろう
以上Aパート
・レンバルトの車で、暴走車を体当たりで止め、またカーチェイスかと不安が
・同乗中のコーティ、フォロンが神曲で自分の力を使わない事が不満
・コーティ、ザールに曲を作るよう懇願
・過去に同僚の裏切りで人間不信になった元神曲楽士ザールの回想
・ザール作曲するが、しょせん譜面は譜面それでも受け取るか?
・コーティ、受け取らず帰る
・待たされていたメイルリート、ザールに自分の曲を書いてもらう
・事務所に戻りコーティ、練習中のフォロンの曲を聞きご満悦、寄って来たボウライ可愛い
以上Bパート

で、フォロンのスランプはどうなった?次回まで引きずるのか?
コーティは何に納得して、事務所に帰って来たんだ?
しょせんは譜面で、演奏は別だからか?
ヤマもオチも無く、プロットを並べただけで工夫も感じられない。
起承転結いずれも歯切れ悪く、必然性もカタルシスも無い、忌々しいマッチポンプシナリオ。

オリジナルなんて書こうと思わないで、青シリーズのルーファとクルナで原作通りにやったほうが面白かったかもしれない。
サブタイの「とある神曲楽士」とはクルナの事かと思っていたのだが…
いっそのことマフィア、強盗、錬金術師、ヤク中、ホムンクルスでも出して「バッカーノ!」風にマティアとマナガの黒ポリキャラでやっても良かった。

画は期待しないが、アゼータピクチャーズのグロス回。いつもながら韓国か中国に気持ちの良いほどアッサリと仕事を出している。
銀河屋の制作よりは良いかもしれない。
次回予告のユフィンリー見ると縦横比が激しく不安だが、銀河屋だろうな…

神曲奏界ポリフォニカ オリジナルドラマCD 7/11発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。