アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバンの潜水艦内のシーン見たときは、沈黙の艦隊のパロでも持ってくるのかと思ったが、新ライバルキャラ登場と運動会をミックスして、手堅く1話に構成してきた(原作コミックは知らない)
ミックスといってもグダグダになる事はなく、Aパートは新キャラ(これが三河のお坊ちゃま)中心にサブキャラ、特に委員長とシャークが良い味を出しており、新キャラ登場の紹介に過ぎないパートを充分楽しませてくれる。しかもダレる暇なく、スピードも速い。

前話の「激突」を引きずって、燦と留奈のサヤ当て(まあ、もっぱら留奈から仕掛けるだけだが)と、親衛隊同志の争いがバックグラウンドで描かれている。
しかし前話に比べると随分沈静化していて、新キャラのエピソードの邪魔にならないように上手くレベルダウンしている。
幼い頃に三河が燦を好きになった回想で、地中水路を潜水艦に乗り埼玉までやってくる経緯を手短にまとめていたが、燦の「極道ままごと」には笑わせてもらった。
委員長のサーブや巡の「逮捕!」、シャークの「食べていいよね?」留奈の「ムンクの叫び」など、サブキャラのネタも忘れずにキッチリと折り込んでくる。
委員長はメガネを取ると美人の設定に間違いないだろうから、この先絡むエピソードがあると面白い。
巻ちゃんは残念ながら今回お休み。

金と権力で従えさせる三河も、燦から諭されて修行をしてくると一旦引き下がるが、翌日転校してくるのは想定内。
Bパートの運動会競技に、そんな三河と永澄の燦の奪い合いをストレートに乗せてくる。
ここでもサブキャラの活躍。
出番の少なかった委員長はアタフタでスルーされながらも、活躍多し。巡の学ランは似合いすぎ。借り物競争で燦と留奈を選び迷う永澄を、巡は逮捕連行してゆく。
永澄母はダンディー政さんに愛情弁当。
サルはエサと金に釣られて、三河の草履取りに成り下がる。
個性的なサブキャラ揃いのところに、次々と新キャラ登場で収拾つかなくなるかと心配されたが、今のところは心配ない。個々のキャラも薄くならずに、絡みながら濃さを増している。
三河が永澄のライバルというか、ネタキャラ(うる星やつらの面堂ポジション)のせいか話が重くならないし、何よりも永澄ハーレムが増殖する心配がない。
そういえば面堂は閉所恐怖症だったが、三河は逆か。

対決のオチは、最後のリレーは突然の豪雨に先行する三河がシャチ化。燦と留奈も人魚化。
三河の手下になったサルの操る潜水艦がグランドに浮上。勝負の結果はつかず。
燦の「眠りの歌」で全員の記憶も消えた…

そんな今回は柿原優子脚本。今までは上江洲脚本が多いが、第6話の巡お当番回以来。
「かみちゃまかりん」もあるから、このシリーズであと何話書いてくれるかわからないが、楽しみにしている。
グロスではなさそうだが、AIC宝塚の制作が多い回だった。モブキャラなど少々怪しいところもあるけれど、止め絵でヒロインたちが崩れないから問題ない。
それでも、Bパートは良く動いていた。
制作の苦労はあるだろうが、監督のサービス精神や視聴者に楽しんで欲しいと思って作っていることは、作品の出来上がりから充分に伝わってくる。
絵コンテ:稲垣隆行(砂ぼうずの監督)、演出:仁品寺義人
演出の方は知らないのだが、今回は細かなエピソードも過不足なく演出してバランスの良い回だった。

前話の激しさから比べると、今回は物足りないと思った方は「瀬戸の花嫁依存症」
放送を生で見て、月曜日は会社学校に行けない人が続出しそうだ。
そんな人は「瀬戸の花嫁症候群(シンドローム)」
どちらも医者では治せない。
瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤)瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤) 7/25発売予定(Amazon)
今期は2クールもの多いし弱っちゃうな。出来の良い作品が多くて、予想外にDVD購入費がかかりそう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。