アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兄を殺された恨みにより和麻を憎む操を依代(よりしろ)として、人の精気を集める「天使」ミハイル。
当然のごとく操はミハイルの騙されていたわけだが、そのミハイルの目的はいまひとつわからない。
「星と英知の名の下に」と詠唱呪文らしき事を言っていたから、和麻のコントラクターになるまでの経緯と絡めて、この先の伏線になっているのだろう。

その集めた精気で竜(ブリトラ)を召還。
中にいる操を傷つけぬように竜を倒さなければならないと、和麻の方針に綾乃は反発。
ピンチを助けられながらも「何で操にこだわるの?」「何で私を助けるの?二股かけるの?」
何もわかっていない様子。
その理由、一応アバンで和麻の回想シーンで伏線になっている。

「誰も死なせない、皆助ける」「5分持たせろ」
綾乃を助けた際に傷を受けた和麻の言葉、自分を見てくれた事に急に元気になる綾乃。
バカなのか純粋なんだかビッチなのか、良くわからないキャラ立ちしてきた。
ヒロインだけど、これでいいのか?
この先、終盤はデレて、ラストはまた勘違い突っ走りネタでオチると見た。

綾乃&和麻の青い炎「神炎」の力で竜を倒すが、敵キャラのミハイルも全然いいところなし。
何のために出てきたのやら、ミステリーっぽい展開に一瞬期待したミハイル・操編だったが、結局はミハイルもザコキャラに過ぎなかった。

綾乃でなくとも気になる和麻の操への執着だが、アバンで触れた和麻の幼い頃のエピソード。
宗家の次期当主でありながら炎を使えず、一族の子供たちから苛められていた和麻を庇ってくれたのが操。その恩を今まで感じていたと。
救われた操の「死んで償いたい」との願いに「生きて、まず俺に償え、その体で」と和麻。
綾乃に言われるまでもなく、外道です…
でも出家などせず、和麻の奴隷になり尽くす操シナリオも見たい気もする。
それでますます綾乃の勘違い妄想・暴走エスカレート。随分と尺が稼げると思うけど。

視聴者には、操の全裸シーンサービス。
レ○プ後にしか見えないが。
出家した操を訪ねる和麻・綾乃・煉の尺が長かったが、操の再登場を匂わせる引きだと考えておこう。カタルシスには遠い操編の終わり。
綾乃の「必殺!煉バリアー」が最強だった。

AD:アニメ設定資料集なら「キャラアニ.com」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。