アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学園祭での公演クライマックス。
声帯マヒで舞台上で声が出なくなった野乃に焦るばかりだった麦も自分を取り戻し、思い切り良い演技。理咲たちも自分の役を演じると同時に、アドリブ入れながら麦へのフォローも欠かさない。
舞台上の演技が観客たちを引き込んでゆく、会場の一体感が伝わってくる。
あまり説明がなくても演劇に関わったものであれば、この感じは伝わってくるだろう。
麦、渾身の演技で万来の拍手とカーテンコール。

凝った演出もないし、シナリオもストレート。
そして劇中劇の書き下ろし「ひとひら」は、野乃が期待する麦の現在進行形の脚本だから、こちらもストレート。
昔の野乃、こうありたいと思う自分を麦に投影した脚本なのだろう。
客席の麦の親友、佳代ちゃんが良い味出している。オリナルはいまひとつか。

会場の人気投票の結果は「演劇部」の勝利。
あの投票箱にボールが40個以上入るとも思えないが、気にしないでおこう。
開票立ち会いの生徒会長(CV:斎藤千和)応援団ノリというか、仁侠の人ですか?

Bパートは学園祭の片付け進むのを余所に、演劇研究会の反省会と解散。
研究会を立ち上げた頃の回想。
卒業して行く3人は、研究会を麦と甲斐の2人に押し付けるつもりはないから、勝っても負けても解散のつもりだったと理咲は言う。
野乃は納得していないように見えるし、麦も「もっと一生懸命やっていれば」と後悔があるようだから、この辺を軸に構成してゆくのか?

良い最終回でした…違う
いや本当に最終回でも良いのだが、原作知らないから何やるのだろうか?終盤に注目。
派手さはないが、丁寧に作られた小品。ちゃんと制作スケジュールを確保できれば、XEBEC M2クラスのスタジオでもこれだけ作れる。

ひとひら 第1巻ひとひら 第1巻ひとひら 第1巻 6/22発売(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。