アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
双子ちゃんの妹、プリネシカのお当番回。
日高真紅の脚本は原作をベースにするも、サブタイが示すプリネの真実を明かす舞台に学院を選び、学生のオルファンをオリジナルで登場させている。

告白の伝説の場所、学園のバルコニーに呼び出しの手紙を受けたプリネを軸に描くが、ツゲ事務所の面々がやたらと賑やか。
ペルセが事件を事務所に報告するものだから、学院の卒業生であるユフィンリーの先輩風や用事もないのにやたらと実体化している契約精霊ヤーディオとユフィンリーの鉄拳など、我が事でもないのに盛り上がっている。
何か思い当たるのか、対象的に無口なコーティ。
これだけでAパート引っ張っちゃったけど、まあ何とか見られた。
でもペルセなんかのキャラの崩し絵は、効果的ではないと思うけど。元がカチッとキャラ描けてないから。

プリネが約束のバルコニーに向かった当日、我が侭な紅いお姫様はフォロンを強制的に学院に同行。悪く言えば覗き見。
オルファンのフルートに「プリネの半分にしか届かない、半分しか理解しないからだ」とフォロンに語るコーティ。プリネも自分の立場を思い出し、オルファンの申し出を断る。
その種明かしは、フルートを追いバルコニーから落ちかけたオルフェンを助けたプリネが発する精霊羽根。

アバンで触れていたが、助かる見込みがない幼いプリネ。
父の契約精霊であるドーリスラエ(CV:小野涼子)が命の提供を申し出て救ったから、半分人間で半分精霊という特殊な命である事はわかる。
原作読んでいればわかるけれども、これだけの伏線では説明が足りないかもしれない。
ちょっと補足を兼ねてネタバレ
・ペルセは大丈夫だったのか? プリネの瀕死の重症に比べればマシ
・何で怪我したのか? 「嘆きの異邦人」戦争のため
・ドーリスラエは何で寿命が短い? 上の戦争で神曲の支援無しで戦い消耗したから
・なぜ神曲なしで? 契約楽士(双子の父)は娘の怪我で病院に駆けつけたから
・プリネが神曲聞くと? 通常の人間より影響を受けやすい

プリネの正体が明らかになっても、諦めずに前向きに捉えて次の機会に賭けるオルファンのオチは綺麗ではあった。
このシリーズ、日高脚本は安定している。他の方々がイマイチって感じだけど。
来週は絵が良さそうだが、果たして築地脚本は?

神曲奏界ポリフォニカ 1 初回限定版
神曲奏界ポリフォニカ 1 初回限定版 7/11発売(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。