アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前話の流れのまま、燦派 vs ルナ派の対立による学園紛争。その決着パートとして燦とルナの歌勝負を繋いできた。
シリーズ構成から見て順当ではあるが、この1話だけ取り上げるとバランスが良くない印象がある。
Bパートは劇中歌のプロモを兼ねたステージシーン中心だから、ヒネリも少なくて仕方ないかと思えるのだが、Aパートのテンポが悪い、いやキレがない気がする。
悪い感じはしないが、もっと派手に盛り上がると思った歌合戦の回にしては地味な感じを受けた。

派閥間対立、両派から追われる永澄、巡や委員長を筆頭にした女子一同の吊るし上げ、サル老師のアドバイスなどポイントは多いのだが、前話とかぶる部分もあり、各シーンに意識が分散してエピソードが立ってこない。
これまでにキャラ立てていた巡に役割を集中するか、委員長のキャラを立てても良かったかと。
また、オチがアッサリしすぎた感があるので、瀕死の重症の巻や瀬戸組の伏線を膨らませておいても良かっただろう。
1話全てを歌合戦に充てるのは、尺が長すぎるので悩ましいところだが、Aパートに工夫が欲しかった。

歌合戦のBパートは最近では LAP 、らぶドルで見かける手法で、何曲かワンコーラス丸々聞かせる、プロモ風な演出。
観客を○禁マークで隠すのは省エネ制作とギャグ演出だが、ヘッドバンギングのシーンで伏線張っているから、多くの視聴者は脳内で「ああ、オタ芸(ヲタ芸)で飛んだり回ったりしてるんだろうな」と勝手に補完しているから問題ない。
しかし、燦の歌でパワーアップした永澄が観客の両派を倒すところが線画ってのは、ギャグだろうが寂しい。全部ケンシロウ風に描けとは言わないけど。

客席のシャーク(CV:子安武人)が予想外に多いのは嬉しい。
政役の村瀬克輝と共に、声質だけで価値がある男性声優が揃っているのは魅力。
そういえばこのシリーズでは、通販番組ネタはやってない気がする。
水島大宙も、今回のパワーアップ永澄で演技を変えて来たが、こんな感じも悪くない。

演技面での腹黒ルナには慣れてしまい違和感も驚きも無いので、旬は短いって事だろう。飽きっぽい視聴者相手に、シリーズ終盤までキャラの寿命を上手く繋いでくれることを期待する。それとも途中退場もあるのかなあ?
ライバルとして以外にも、燦のしとやかさが対比で強調されて、ルナの登場には一定の意味はあった。瀬戸組と江戸前組の全面抗争に向けたエピローグかもしれない。

ひとまず巻襲撃事件は、巻の自爆による自作自演でオチ。
前述の通り、大騒ぎの割にはアッサリしすぎている。
ここに巻のトラウマなんかを(あればの話しだが)からませて、カタルシスを見せても良かったかと思う。それとも巻に関しては、この先のお楽しみか?
何となく和解したルナは永澄の家に同居。
次第にハーレムになってゆくが、いいのか?
巡が「正しい青少年のルールを教えてあげようか」で粛清してくれる展開に期待。

この先の放送予定(テレビ東京)見たら、次週第9話は世界卓球の延長が危険。
第10話は通常。そして6/10は放送休止で、1週遅れで第11話は6/17放送。
6/10は、時間繰り下げはあるが放送に変更。6/24が休止になっている。最新情報をご確認願う(5/27追記)
ひょっとして愛知が最速になるのだろうか。今期は関東地区以外で最速が増えた気がする。


「瀬戸の花嫁」ライブソング SUN「your gravitation」「瀬戸の花嫁」ライブソング LUNAR「Lunarian」


「瀬戸の花嫁」ライブソング SUN「your gravitation」 5/23発売(Amazon)
「瀬戸の花嫁」ライブソング LUNAR「Lunarian」 5/23発売(Amazon)
追記:限定発売数各3,000枚
既にAmazon では予約数オーバーみたい(5/21 17:00)
ネット通販では完売続出(5/22 18:00)
店頭では発売日前日にほとんど売れてしまった感じ(5/23 05:00)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。