アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は楽観的なオチを予想していた。
しかし、一瞬のカミナ復活の気配を見せたあとの終末。圧縮したシナリオで軽いジェットコースター展開で、1話あっという間に過ぎた。
公式ブログによると、これで第一部完。旅立ち~カミナ編の終わり。シリーズは3部構成だろうか。

今までに伏線は張っていたが、ヨーコのカミナへの気持ちと、シモンのヨーコへの気持ち、これが交わらない悲しい結果になった。
この話中でも、カミナとヨーコのキスを目撃したシモンの動揺がBパートの波乱への伏線になっている。
ヨーコも珍しく銃の手入れをリーロンに任せたり、シモンに言い澱んだりと揺れる気持ちを描いているが、作戦に影響を与えないのは女の強さか、それともシモンの同様を対比で強調する演出か。

ダイガンザンに合体して、その機能を乗っ取ったラガンだが、ヨーコとカミナのキスに動揺したシモンの集中が続かずにコントロールできない。
駆けつけたカミナの鉄拳で目覚めたシモンがコントロール取り戻すが、その隙にグレンはチミルフとヴィラルの逆襲に遭い、カミナは瀕死の重傷。
再びの動揺で暴走し始めたラガン&ダイガンザンのシモンに、カミナの一喝で安定を取り戻す。
グレンとラガンは合体で、必死の抵抗のチミルフとヴィラルを撃破。
今まではカミナのグレンラガンだったが、この瞬間はカミナとシモンのグレンラガンだと思えた。
カミナの復活に「何だ、やっぱり日曜朝からアニキを殺すようなシナリオは書くまい、ガイナックス」と思ったのだが、カミナ死亡。
コックピットで目を閉じたモノクロームの線画カットは、力石徹の最後にダブって見えた。

アニキを送る今回の制作体制は磐石。
脚本:中島かずき、絵コンテ:今石洋之、演出:大塚雅彦、作監:錦織敦史
引きの余韻がもう少し欲しい気がしないでもないが、台詞なしの雨音のみの演出も良いだろう。
スペシャル回の位置づけか、タイトル絵はラストに持ってきた。
これだけの仕上がりに文句はない。

カミナはヨーコに10倍返しすることなく逝ってしまった。でも不器用なカミナの10倍返しって何だったんだろうか。
尖ったキャラのアニキがいなくなった第二部はどのようなものか?
次回予告では新キャラのナレーションだったが、私の頼りない音感では能登麻美子。 福井裕佳梨でした。ガイナックスだから、さもありなん。
アニキの「燃え」から、お姫様風キャラの「萌え」方向に展開か?

余談:第6話「てめえら全員湯あたりしやがれ!!」の総集編部分は、放送できないカットの穴埋めのようで、不完全版。
DVD第3巻に収録される第6話のサブタイは「見てえものは見てえんだ!!」これが本音。
テレビ放送版は映像特典として収録(笑)
一応、未公開シーンを加えた「解放版」と公式なコメントだが、本物はこちら。
放送版サブタイの「てめえら」ってのは、話中の獣人に向けた言葉じゃないんじゃないような気がしてきた。それが誰とは言えないが。
やはりテレ東の休日朝の少年アニメとしては、色々と描きすぎちゃったんだろう。DVDとはいえ、キチンと落とし前をつけてくれるガイナックスは好きだ。
天元突破グレンラガン 3
第6話(解放版)「見てえものは見てえんだ!!」収録 DVD天元突破グレンラガン 3 9/26発売予定(Amazon)

5/21追記
「音泉突破グレンラガンラジオ」5/21配信分は特番
カミナ追悼特別番組「無理を通して道理をけっ飛ばした男」(音が出ます、音量に注意!)必聴です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。