アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酷いね、今回は。作画もシナリオも。
2クールのシリーズ構成も、今のところは成功しているように感じない。
グロス制作(制作協力)は、JCF。
テレビシリーズのグロス請けするほどの体制があるとも思えないのだが。
ポリフォニカや銀画屋の事を思えば、まだマシと思えるけれども、そもそも比較される事自体が問題。あっちはあれで安定低空飛行している。
単純なドローンやメカは崩れようも無いけど、アップのキャラがシーンによって違うのは致命傷。
いろんなところに原画をばら撒いたんだろうけれど、作監修正も出来ないのか間に合わないのか。
制作開始告知からのスケジュールに余裕はあったと思うから、制作デスクの問題なのだろう。

いよいよ登場のシグナム・シャマル・ヴィータの変身バンクは、別に制作したものだと思う。
なんだ、ザフィーラは変身しないのか。ちょっと残念(笑)
喋った事に驚かれたザフィーラ哀れ…
謎の召還魔法少女、ルーティシアの変身もキッチリ見せて欲しいところ。
そのルーティシア役は、アルフ役から桑谷夏子がスライド起用。アルフは出番なさそうだし。
同じく出番なさそうだと思っていたユーノが、オークション鑑定士で登場。ゲストで終わりだろう。
なのはと進展無いようだが、フェイトに寝取られた?

オークション会場のホテルでの警護任務の機動六課。
実際の会場防衛は新人たち、迎撃はヴォルケンリッターたち。
御大たちはドレスで会場入りで「偉くなるってのはこういう事さ」って感じ。
なのは・フェイト・はやての成長物語は、組織の中でしか描けなくなってしまったような気がして寂しいし、かといって主役を新人に譲る気もさらさら無いように見える構成で残念。
もしも4期があるのならば、やむを得ぬ追い詰められた事情から時空管理局を離れて、それを敵に回す形になる機動六課も面白いのだが。

取ってつけたように、エリートでもスターでもない凡人ティアナの劣等感・疎外感を持ち出してきた。
流れ弾で相方のスバルを傷つけそうになった事で更に奈落に落としているが、今回では救いがまだ無い。
次回以降に持ち越すのだろうが、お当番回をきちんと作ってあげないと中途半端な処理で終わる。
一応、スバルとの関係に絡めて次回でフォローされそうだ。

しかし、あれだけの面々がいながら、スカリエッティの必要な何かをルーティシア&使い魔?に強奪されて気がつかないのも何だかなあ。
騎士ゼストと少女ルーティシアは、スカリエッティとは是々非々の関係か?
手先と言うわけではなさそうだが、何らか共通の目的で表面上は協定しているように見える。
この二人が当面の敵となるのか、傍観者で進んでラスボスなのかわからない。
キャロ vs ルーティシアの召還バトルは見ものだと思うので、期待している。

魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ01
魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ01 5/23発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。