アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和麻への復讐に燃える操に「天使」ミハイルが付け入って、その力を操り何かを企む。
前にも書いたが、兄を和麻に殺されたと思い込む操の心理描写も伏線も弱いから、その行動も浮いて見える。真の敵であるミハイルの引き立て役として、操をそのような描写をしているとしたら演出の意図もわかるが、そんなに計算されたものではないだろう。

演出と言えば、相変わらずの綾乃。
和麻のホテルに書類を届けるのに意識したり、和麻の乱入阻止を買って出たりのお邪魔キャラとして立ってきた。ツンデレの一種として演出したいのだろうが、どこか外しているような気がする。
綾乃の取り巻き賑やかしキャラの七瀬と由香里も、それを煽るだけの仕事しかしていない。
ひょっとして原作も脚本にも忠実なのかもしれないが、絵コンテも演出も何かやりようがあるのではないかと思う。
術使いとお家騒動に少々のサスペンスとラブコメと言った感じで、オーソドックスでアニメ化しやすい題材だと思うが、ひとつでも良いから尖ったところが欲しい。その尖ったところが綾乃の空回りだとすると困ってしまうのだが。
どうなんでしょうか?原作ファンの方々?

そうそう、演出と言えばもうひとつ。
無意味なパンチラはリソースの無駄遣い。パンツアニメじゃないんだから、もう少し見せる(見える)シチュエーションの必然を追求しないと、安かろう悪かろうの典型。
綾乃が蹴り入れたくらいで見せられてもね…
裸体カットも然り。無駄な風呂シーンや霊力を浴びるのに全裸になる必要あるのか?
戦いに敗れてズタボロで、嗚咽や慟哭とともにカットインされれば効果はあると思うけれど。

演出の話ばかりだが、絵コンテとほぼイコールで置き換えても良い。
まだ有る。
人々を襲って集めた霊力らしきものを纏った操だが、ポジションが中途半端。
善意を持ったまま妖気に染まって行く揺らぎを描くか、それとも人の心など捨てて真っ黒に描くのかはっきりしない。
反対にミハイルは表面は天使のごとく真っ白に描き、中身はどす黒くないと悪のボスキャラになりえないのだが、日常描写での真っ白さが描かれていないから、キャラに深みが無い。いきなり対決シーンになる前に、回想などで補完される事を期待する。

大神家自らの責任で操を抹殺しようと廃教会に集結するが、綾乃は和麻の乱入を阻止できるか?
こんな事件の現場でも、和麻を巡って霧香とさや当てする綾乃が痛々しくなってきた。
いやもっと痛々しいのは、そんな綾乃に振り回される煉だろう。
超脚本で2クール目は煉をメインヒロイン(?)で希望!
エンディング変わったけど、キャラソンでも出そうとしているのだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。