アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文化祭の舞台、麦の運命の日。
原作コミックの内容は知らないのだが、この舞台の話でシリーズを締めるのかと思ったら、それ以降の話もやるようだ。
確かに、この舞台での麦の演技と心の揺れを描いて終わってしまっては中途半端。

文化祭の当日、演劇部vs演劇研究会の対決を壇上で煽るのは生徒会長?斎藤千和がゲストキャラを当てていたが。
麦のクラスの出し物がメイド喫茶とはベタだが、メイド服に着替えた麦と佳代は一種のサービスシーン。アレが舞台衣装でも良かったのに・・・
でも最大のサービスカットは野乃のネコ着ぐるみ、それにネコパンチ。オマケに去り際に「にゃん」って言ってたが。
メディファクは商売っ気薄いのが歯がゆいが、ネコ着ぐるみ野乃とメイド麦のフィギュアでもライセンスすれば面白いのに。

先攻は演劇部の舞台。見守る麦は当然、緊張の極み。
楽屋の椅子に座ったままで気絶していたのは大げさな演出だが、今までさんざん麦の性格については伏線張って描いてるから、「そんな事もあり得る」と思えて嫌な感じはない。
理咲のアドバイス「(楽屋から)出て行くのは簡単だけど、この半年何だったのか、楽しい思い出もつらく変わる」
野乃のアドバイス「精一杯やった事実さえあれば、つらかった思い出も楽しい思い出に変わる」

もし舞台上で野乃の声が出なくなったら、アドリブで繋ぐとの麦の提案で伏線を張りつつ、Bパートは演劇研究会の舞台。
幕が上がって、舞台は麦のピン立ち。
演出なのかもと思わせるくらい、声が出ない、緊張が客席にも伝わる。
そして野乃の声も突然出なくなり、打ち合わせどおりにアドリブでフォロー。しかしそれを言い出した麦自身が台詞も忘れアドリブどころではない。
「一人じゃない」ってのは麦にもかかるが、ここでは自分の演劇の夢のために舞台にこだわり続けた野乃の心境にかかる。

初主演で緊張の麦、ライバルの演劇部にいながら麦を客席から応援するオリナル(ちとせ)、声帯マヒで声が出なくなった野乃、友達の野乃を心配しつつ表面は敵対する美麗、そして演劇研究会の皆。それぞれを想う気持ちが交錯する舞台と客席。
理咲、桂木、甲斐、麦の気持ちを回想する野乃の想いが通じたか、「一人じゃない」ことに勇気付けられたか、麦の快心の台詞と発声。
ここでエンド。お約束通りで意外性の無い展開だけれども、この作品の性格からか気恥ずかしさも無く納得感は有る。
尺を充分とって後日談と絡めて次回に繋げた。

引きのキャラの作画が怪しいところが有るがアップは悪くないのは、必死の作監の手が入ったか。
制作グロスはフロントライン。

ひとひらオリジナルドラマ&BGMアルバムVol.1麦編ひとひらオリジナルドラマ&BGMアルバムVol.2野乃編

ひとひらオリジナルドラマ&BGMアルバムVol.1 (麦編) 5/30発売予定(Amazon)
ひとひらオリジナルドラマ&BGMアルバムVol.2 (野乃編) 6/27発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。