アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒ポリ(ポリフォニカ・ブラックシリーズ)ファンお待たせのコンビが登場。
マティア(CV:茅原実里)とマナガ(CV:小杉十郎太)ってのは、VVVからのリユースですか。
誰?このキャスティングしたの?悪いとは言わないけど、只でさえ世間ではVVV からポリフォニカへの流れはTBSの3軍アニメと酷評されているのに。
キネ版の浅井清巳と大塚明夫でないのは残念であった。
キネ版発売前の販促回としては、まあまあの出来だったろう。

今回の大迫純一脚本は、ワンマンオーケストラ(単身楽団)を持ったヤムナと、理由もわからないままフォロンとコーティの逃亡劇。コーティは楽しんでいるようだけど。
それを追う怪しい大男と無口少女。
しかし今回は中原れいの絵コンテが脚本の単調さを補って、それ以上に動きを見せてくれる。
動画として良く動くと言う意味ではなく、それぞれのシーンに動きがあるから見飽きない。
中原れいと言えば、メカの人で少し前の時代の人(失礼!)だとしか認識していなかったし、このシリーズのバイクやワンマンオーケストラなどのデザインも好ましくは思っていなかったのだが、あのシナリオでこれだけの絵コンテ切れるのには驚き。他の話数で担当があれば嬉しい。

ネタバレにならない程度にポイントだけ挙げておく。
・ユフィンリーの外出の際、オミテックからの電話云々は今後の伏線かも
・この事件でユフィンリーとマナガ・マティアは、顔を合わせないように設定してある
・駆け込むヤムナに事務所のドアが自動で開く
・ペルセの浅知恵とマティアの勘
・フォロンはマナガの持つ鞄が単身楽団だと思いこんでいる
・ヤムナの盗んだ単身楽団の本当の送り先はオゾネのコレクション
・正面作戦を主張するコーティと和解を主張するフォロンの違い
・コーティの精霊雷攻撃に、マナガ弱くないか?
・ヤムナ逮捕、マティアの警察手帳
・マティアは警官らしいが、マナガは神曲楽士だと思わせる
・マナガに「以前どこかで会っていないか?」コーティ
・それはコーティのボケ?本当に覚えていない設定なのか?

今回も原作ファンでないと厳しい内容かもしれない。
Bパートは唐突に水着サービス回かと誤解させておいて、室内プールに突っ込んだあとのゴーグルや浮き輪使ったギャグシーンは古臭い演出。
絵コンテは上述の通りとして、止め絵キャラは相変わらず良くない。
でも何だか話数が進むにつれ、徐々に良くなっている気がする。今回は銀画屋の制作だったかな?放送とともに成長する原画ってのも嬉しいような悲しいような。
やっぱり赤を中心につまみ食いのシリーズにするのではなく、シリーズ構成と脚本はアニメで書ける人を原作者以外で採用し、赤なら赤、黒なら黒で各4話完結くらいで各エピソードを掘り下げた構成で見たかった。
時間と予算が足りず、その上放送枠もこんなところしか押さえられなかったティー・オーエンタテインメントには失望している。

「お腹すいたね」
「レオナルドバーガーか?」
「だって、スタンプあと2個なんだよ」
中の人が誰であれ、マティア可愛いよ、マティア。
おっさん萌えの市場を開拓しつつあるマナガにも敬礼。

エンディングは黒スペシャル。小説挿絵などの原画(BUNBUN)で構成。
マティアのネタバレカットがあったが、触れないでおく。

神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK ~EPISODE 1&2 BOX EDITION~PC版 神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK ~EPISODE 1&2 BOX EDITION~ 6/29発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。