アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
由美子=ジュナ=真名姫編のまとめ回と言ったところだろうか。
桃花=セイがイサミヒコを見殺しにしたとの恨みが限界に達したのか、ジュナの苦しみが表面に現れる。この理由はこの先に書かれることになるだろう。

絵的にはディーンの得意のスチルにエフェクトたっぷりのシーンばかり。
止め絵がしっかりしていれば満足度は落ちないし、ジュナとセイの争いも動きは必要ない。
ジュナの目は「ひぐらし」風。
演技では、由美子と荒れるジュナの切り換えで伊藤美紀がベテランの技を見せてくれる。

地上では大地が揺れ、上津未原の滅びが近い事を予感させる。
物語終盤は完全に空気化していた章子は蓮会を率いて邸内に避難。
一般の者には見えない「何か」が章子に見えるのは、中盤以前のキーキャラなのだろう。お当番回や関係する事件があるだろう。
ユーレカは相変わらず胡蝶三姉妹に、セーラー服強制コスプレで弄られている。

一段の闇の深みに落ちていったジュナを、桃香が追う。
フラッシュバックで「兄イサミヒコを殺ったのはセイ」
ジュナの兄がイサミヒコってのは初出か?第2話で桃香との会話で真名姫が言ってました
追ってきた桃香を触手状で締め、内に収めた石剣(赤剣は間違いのようだ)を取り出させようとする。
ここは現世の由美子と桃香の母子ではなく、ジュナと石剣の器か人形の関係でしかない。
鬼梗と真琴の笛の操る竜王の力で、ジュナは鎮まる。
「鬼梗、なぜ邪魔をするの」ジュナの言葉が痛々しい。

人形に「あなたは私、私はあなた」とつぶやくジュナの回想シーンが挿入されているから、由美子自体もジュナを鎮め収めるため、鬼梗が作った人形に見える。
この先の由美子は抜け殻?
でも小説を書き、桃香とイチャイチャしていたから、人格はあるのだろう。

引きとしては弱いオチだったが、ジュナを巡ってはこれから遡って描かれるから、それを待って判断しよう。
でも第5話では、真名姫がセイ=桃花を矢文で呼び出して、冷ややかなお茶会をしていたけれども、石剣でセイを殺すと言っていた今回からそこまで態度が軟化する要素なんてあったか?

イサミヒコの魂を救済する儀式は、ジュナの救済にも繋がる。
由美子の中から出てきた?真名姫と鬼梗の熱い糸引くキスで締めたが、二人の前日談も気になるところ。
でも最後にジュナ=真名姫は救済されたんだっけなあ?もう一度第1話の録画を見直すことにしよう…

珍しくアニメ起点でPCゲームを買う気になった(予約した)
DVDも買う気は維持されているので、今年度上半期の予想外の散財になりそう。

桃華月憚 月華之抄
DVD 桃華月憚 月華之抄 初回受注限定生産版(第1話から第6話収録) 8/29発売予定(Amazon)
TVアニメーション「桃華月憚」オープニングテーマ ゆめおぼろ 6/20発売予定(Amazon)
TVアニメーション「桃華月憚」エンディングテーマ この世界がいつかは 6/20発売予定(Amazon)
桃華月憚 音劇集 TVアニメーション オリジナル・サウンドトラック 7/18発売予定(Amazon
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。