アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入れ替わり立ち代わり、キーキャラクターの活躍でテンポ良くシリーズ序盤をこなしてきたが、燦の最大のライバルとおぼしき江戸前留奈が登場。
いきなりの留奈=LUNARのアイドルステージで、可愛さと黒さのギャップを早速演じてくれた。
野川さくらの演技の良さは「いじられてナンボ」で、本人も制作サイドの要求をこなすだけの力量があることは「マジカノ」で認識させられた。
のど自慢の幼女声からアイドル声、ふだんの会話、江戸前組の娘として、そして腹黒さ全開のしゃべくりと、七色の声の持ち主と言うには大げさだが、他作品では絶対に出せない演技を取り混ぜて楽しませてくれる。
登場初回からこれでは先の楽しみが減るではないかと、何だか間違った苦言も呈したくなる。
キャラとのマッチングは良い。予想の上を行く演出に期待したい。

賑やかに登場した留奈のポジションの対極で、今回はサルのポジションが重要。
永澄は主人公キャラとしては定番の鈍感さとヘタレさを程よく持ち合わせているから、ハーレム状態一歩手前の己の立場に無神経。
その永澄の状況解説を大げさに、しかもアホに演じてくれるサルの立場は欠かせない。
ハーレムと派閥抗争の修羅場など永澄だけでは受け止められないし、ヒロインズ&蓮のような極端な味方とシャークのようなマッドヒットマンを持つ状況で、永澄が暗黒面に落ちることをサルが防いでいる。

桃井はるこの演技も安定している。
そろそろ声優としての一定の評価も得られるのではないだろうか。

しゃべくりまくりで台詞が多い事と、留奈のSPや親衛隊などでクラス分裂ドタバタシーンが多かったからSEは控え気味と言うか、入れる隙もない。
それでも、無音時間を目の敵のように、少しの隙にねじ込んでくるのは立派。

巻も巡もつかみで相当のキャラ立ちしたから、それに比べて今回は大人しくサブキャラに退いているけれども、しつこくなりすぎない程度のキーポイントでの使いどころは良好。
対立する男子たちへ警告する役割は巡らしいし、頼りない委員長との対比を上手く見せている(個人的には委員長の当番回でサプライズを期待しているが)
巻は当初の永澄ヒットマンキャラも薄まってきて、お嬢を敵から守るポジションに落ち着き丸くなってきたか。たまには永澄とのバトル=生死を賭したじゃれ合いを見たいとも思う。
エンドの引きで巻が深手を負っているようにも見えたのだが、燦派と留奈派の対立が拡大して瀬戸組と江戸前組との抗争勃発か。

留奈の初登場回で燦との因縁から、永澄との出会い、転校から親衛隊結成でクラス分裂まで、テンポ良く1話の尺に収めた。2話取っても良いかとも思うが、敢えて1話で構成した制作の手腕は評価する。この圧縮さでハイテンションを表現する絵コンテは大変そうだけど、演出からそれ以降噛みあって見ごたえのある話だった。

瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤)瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤) 7/25発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。