アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再登場のエンキとヴィラルに加え、敵の巨大ガンメン、母艦的なダイガンザンが登場。
他にもシモンたちに協力を申し出る仲間たちが再集結し、賑やかな回だった。
グレンラガンのバトル展開一色で、視聴者の息をつかせない構成は悪くない。
鬱やグロ要素もなく、少年向け冒険ロボットアニメの範疇で捉えれば正しい方向だろう。

ヨーコのサービスカットが少ないではないかとお嘆きの諸兄も多いことだろうが、それは黒の三姉妹の活躍も含めて別の話数に先送り。つくづく前話の温泉回が不十分だったのが残念でならない。
ダイガンザンを見た女性キャラの「でかい!大きい!すごい!」の反応に想像をめぐらせるのは視聴者の勝手だが、お約束の演出として謹んでお受けしておこう。
但し、リーロンの「あら困っちゃう!」ってのはスルーの方向で。

バトルシーンに目が行くものの、今までの話数の伏線整理を少しと、これからの展開に新たな伏線を張ってきた重要な回。
・獣人たちの移動母艦登場と、その根拠地ミヤコ=都?と更なる強敵の存在の暗示。
・カミナの下、自信をつけ始めたシモン(この変化の描写が充分でなかったような気がするが)
・前がかりのカミナの生き方とヨーコの心情(これもヨーコを充分に描いてはいない)
・リーダーのカミナと、集結した仲間を加えた大グレン団の今後。
・これらの伏線を元に、カミナに死亡フラグか。

アクション中心であり転換の回だったので、シモンやヨーコの細かな心情の変化や再登場した大勢のキャラたちのフォローが今話だけで出来ていないのは当然。
今後、丁寧に伏線回収と補完されることを期待したい。

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) 7/25発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。