アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまさらだが、このシリーズになってから、サブタイが大変に味気ないのに気がついた。
「進展なの」とか言ってくれないものだろうか。
前A'sシリーズの後半から「なの」と言ってないから、もう子供じゃないって事で仕方ないか。

リインIIの業務日誌風のモノローグから始まるから、てっきりお当番回だと期待したものの、またまた新人訓練。
それぞれの適性に沿った訓練になってきたようだ。
斬り込み隊のスバルにはヴィータの指導、防御・召還系のエリオとキャロにはフェイト、ぶっ放し系のティアナには、やはりこの人なのは。
いまさら説明的ではあったが、キャラ設定の再確認の意味はあった。
今や孤高の騎士シグナムの存在が際立ったのは良かったが、このような組織の中では生きにくかろう。他のヴォルケンリッターの騎士達とともに、重大局面での活躍を期待したい。捨て石にならなければ良いのだけれど。

キャラ関係では、スバルの父と姉の登場。姉のギンガははやての依頼で、ロストロギア調査でフェイトと共にフロントに出る模様。
エリオが孤児で、キャロと同様にフェイトが引き取ったらしい事も明かされて、今後の大きな伏線か?
レリックに関わるジェイル・スカリエッティの秘密と絡みそう。
街を歩く実験体らしき親子風の二人。娘の方がキャロに似ているのは何らかの秘密があるのだろうし、キャロの出自にも関わって話が展開されそうだ。

訓練終了後、なのは教官「新人に細かい事で怒鳴ったりするよりも模擬戦できっちり打ちのめして教える」って、そこはかとなく黒いマジ台詞が怖い。

相変わらずゆっくりと進んでいる印象はあるが、事件に向けて多くの伏線を張り出したところ。
「設定アニメ」としての本領発揮だろうが少々だるい。
絵は感心もしないけれど、悪くも無い。サンシャイン・コーポレーションのグロス回。

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1 7/25発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。