アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒロイン麦の成長物語であるが、今回は準ヒロイン野乃と彼女を取り巻く人間ドラマにフォーカスしてきた。
声帯マヒのリスクを抱えながら、親友の美麗と袂を分かってまでの演劇活動にこだわる野乃の心境と、その美麗の回想を織り交ぜて構成している。

公演を前にして、野乃の演劇研究会と美麗の演劇部の意地の張り合いは収まらない。
理咲が演劇部倉庫から無断拝借した暗幕がきっかけで、野乃がこっそり返却に。
一方、美麗は探し直しに演劇部倉庫へ。
お定まりのいがみ合い取っ組み合いになるのだが、倉庫の扉が開かなくなり二人閉じ込められる。
助けを呼ぶ大声のためか、突然に野乃の声が出なくなる。
覚悟の野乃に対して、表面上は意地を張っていた美麗の方が取り乱すが、演劇の世界に誘って声帯をダメにした責任を感じている設定。

野乃が美麗に「一人じゃ出来ないこと教えてあげる」と演劇に誘われたシーンから、まるで今の麦を見るかのような危なげな野乃の舞台と自信家の美麗、そして野乃が演劇部を退部するまでを回想で描く。
取り立てて大きなヤマも無いし、設定や伏線も既出だから、声帯マヒと重要な事態にもかかわらず、野乃の心境のように淡々と進んでゆく。
物足りないとは思わせず、野乃シナリオの中盤のまとめ回的なシナリオ。

倉庫の二人の様子を覗き見していた麦は、そっとしておこうと立ち去るつもりだが、くしゃみして存在がバレるオチ。野乃と美麗にとっては無事に救出のエンド。
しかし真のオチは、翌朝の野乃の声「寝たら直った」
見事な二段オチ、夢オチ、寝オチ(意味が違う!)
まあ、そんなに後味も悪くなくギャグっぽく引けた感じ。

麦が写っている演劇研究会の公演ポスター、発売予定無いでしょうか?

ひとひらオリジナルドラマ&BGMアルバムVol.1 (麦編) 5/30発売予定(Amazon)
ひとひらオリジナルドラマ&BGMアルバムVol.2 (野乃編) 6/27発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。