アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学院時代からの数少ないフォロンの親友、レンバルトを中心に構成した回。
シナリオは、ようやく持ち直した感がある。
とは言っても、1話完結形式だから話数によって波があることだろう。
今回の脚本は、原作のホワイトシリーズの原作者高殿円と、シリーズ全体の設定担当の日高真紅。
原作ホワイトシリーズのファンのために、白の精霊(聖獣)ブランカ登場。原作の梅干好き転じて梅干屋になっていたが、シナリオに影響(タイプミス誤変換で「絵苦境」と出て独りウケ)する活躍は無い。

ポイントとしては、こんなところだろうか。
・フォロンとレンバルトの友情と、それぞれの神曲の質の違い
・雑用も引き受けるツゲ事務所
・レンバルトがテイクアウトしてきた「レオナルドバーガー」(黒シリーズで頻繁に登場)
・フォロンを巡るコーティとペルセの無駄な意地の張り合い&舌戦
・何となくレンバルトに気がありそうなプリネ
・ユフィンリーのヤーディオへの拳骨
・コーティの精霊雷でローストしたマンガ肉
・おかゆの土鍋を素手で持つフォロン
・ボウライ(下級精霊)可愛い

ブランカ役はクレジットされていなかったが、レギュラーの兼役だろう。
ゲストキャラ、依頼主の少女アリアには神田朱未。
今回はユフィンリーの喋りが多い脚本だから、多少の満足感はある。

原作知らないとピンとこない演出もあったが、全体としてはクリムゾンシリーズのエッセンスを手堅くまとめた印象がある。日高ならではの脚本。アニメオリジナルの話数よりも、こっちのほうが無難じゃないかな。下田監督直々の絵コンテも多少効果があったか?
でも演出がイマイチなのと、動画の中割りも変な感じで、流れにスムーズさを欠く。
絵はこれ以上期待はしないが、崩れずにやってくれれば良い。

次回は大迫純一脚本。黒ポリシリーズのマナガの背中が・・・
ツゲ事務所と絡み、事件の匂いが。マティアも出るんだろうな。
キャストはキネ版と同じだと嬉しいが果たして?
(マナガ=大塚明夫、マティア=浅井清己 )
神曲奏界ポリフォニカ・THE BLACK
神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK ~EPISODE 1&2 BOX EDITION~ 6/29発売予定(Amazon)
神曲奏界ポリフォニカ オリジナルサウンドトラック 6/27発売予定(Amazon)
神曲奏界ポリフォニカ オリジナルドラマCD 7/11発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。