アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近づく滅びと救済の日を前に、胡蝶三姉妹を軸にコミカルに学園の様子を描く。
胡蝶三姉妹が妖怪変化であり実体は仮の姿、上巳の歌会で消滅して三人官女に変わっていたから、鬼梗が作った三人官女の人形と関係があるのやら無いのやら・・・
桃香にしても、由美子の残り湯を入れた湯たんぽの温もりに恋しさを覚える。
マザコンだからではなく、鬼梗の言う「子宮を知らぬはずなのに求める」と、蝶に化けた胡蝶三姉妹のズバリ「人形なのに・・・」で、桃香は由美子の子でもなく人でもないことが確定。

桃香にとっては度々出てきた由美子とのプレイは、無いはずの母の記憶を探る行為でもあるようだ。近親相姦ではないと言うこと。
前話で鬼梗とジュナは(したいけれども)肌を合わせると良くない事が起こると、バタフライ効果を唱えていた。由美子の中にジュナがいるとするならば、桃香とのプレイはイサミヒコとジュナの関係に影響を与えるのだろうか。苦しむジュナの魂を癒すのか。

平和な朝の登校風景にも「いつまで続くか」と桃香の言う通り、上津未原に闇が広がりつづける不穏な気配を背後に漂わせている。
学園の購買部では、大食いの桃花を巻き込んで胡蝶三姉妹率いる「二宮会」と章子率いる「蓮会」の確執。仲裁する春彦を、格好いいけどちょっと変な好青年キャラに上手く描いている。
いつも微妙な内容での章子の出番だが、まだ奥が深そうなキャラ設定。
意地の張り合いの末は、和菓子対決にまで発展。

平常の学園の日々は「つまらない」退屈な日々。
その中で悪戯をしながら、まるで有閑マダムのようにネタ探しの胡蝶三姉妹。
お供えを食べた食い意地張った桃花を脅して、湯に浮かぶ月を椀に入れてこさせてからかう。
それにしてもサナダムシまで腹に飼って、桃花の食い意地の汚さは卓越している。ボケキャラっぷりが際立つ。なんだかヒロインが桃花から鬼梗に替わったような気がする・・・

その他にも胡蝶三姉妹は幽閉中のユーレカで「お人形さん遊び」と称する強制コスプレさせた挙げ句、全裸放置プレイ。
幼時体型のユーレカの股間にはベージュのぼかしを入れていたが、DVDで外れることは無いと思う。

和菓子対決の勝者判定で、いみじくも鬼梗が一人ごちたように、胡蝶三姉妹にとっては残り少ない日々。味は互角とは言いながら「鬼にも情けはある」と胡蝶三姉妹の判定勝ち。
それにしても美味しんぼのような彦麻呂のような、味講釈の鬼梗は半分壊れてる。
シリアスとパロ・ギャグのコンボが強烈な構成。
最後にフウが降臨して第5話に続く。

2クール全26話らしいが、残り20話もプロローグ的な学園風景とキャラの説明をやるとも思えない。
第1話のエンドから繋いで、2クール目は上津未原と違う世界の桃香と桃花を中心に、時系列順にやるのではないかと 予想 願望しておく。

桃華月憚 豪華版 5/25発売予定(リンク先に年齢制限があります)
Amazonで予約
Sofmap予約特典付(テレカとシーツ)(そろそろ締め切りかも)

桃華月憚 月華之抄
DVD 桃華月憚 月華之抄 初回受注限定生産版(第1話から第6話収録) 8/29発売予定(Amazon)

この作品が楽しめた方には、こちらもおすすめ(リンク先に年齢制限があります)
顔のない月 ゴールドディスク BOX顔のない月 ゴールドディスク BOX 発売中(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。