アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燦の秘密を探る、銭形巡のお当番回。
永澄の幼なじみポジションに位置しながらも、警視総監の娘として風紀委員としての巡の立ち振る舞いが絶妙。
やはり永澄の事が好きなようだが、その事実を自ら認めたくないような微妙な乙女心も見え、甘酸っぱさを醸し出している。
キャラのデフォルメとハイテンションなセリフから垣間見える、巡と燦の心理描写もさりげなくて好ましい。瀬戸内組のギャグも控えめで、全体的には「ちょっといいお話」的な雰囲気。

巻登場の回ほどキャストの演技は派手ではない。
しかし燦に見とれる永澄父に対し永澄母激怒シーンで、冒頭から笑わせてもらった。
今回の主役は巡。
演技面でも正義感溢れる風紀委員長から、永澄へのモヤモヤ感に悩む幼なじみとしてのギャップの変化、それに燦に対しての警視総監の娘モードから理解モードへの変化、いずれも緩急つけた良い演技だった。森永理科は男子役やボクッ娘役ばかり印象に残っていたのだが、認識を改める。

ギャグパートはサルも絡んでくるが、基本的にはボケ役というかアホ役。
燦の秘密を探る巡のドタバタの、良い中和剤になっている。
定番のカツ丼も出たし、永澄への公開取り調べを行う巡がツボだった。
雰囲気読んでか、瀬戸内組や政さん出番が少ないが、少々寂しいところ。

委員長がこぼした水が燦の足にかかったところ、巡が人魚足を一瞬目撃。
巡があの手この手で燦に水をかけようと試みるが、永澄バリアで守る。
繰り返しパターンもバリエーションがあることと、前述の巡の心理描写を折り込みながら進むので、しつこさは感じない。

執拗な詮索も永澄の真摯な態度で巡が気付く、悪く言うと自己解決オチなのだが、そんな事は微塵も感じられずに次回へ。
このまま巡と燦が仲良くなるのか、単に永澄の事を考えての休戦なのか、それとも巡が燦の秘密を握ったままで展開があるのかわからない。
構成上、巡は一時的に後ろに回りそう。
いよいよ次回は、燦のライバル留奈の登場。

さてシナリオは誰かと思ってエンドロールを見たら、今回は柿原優子脚本。
女性キャラ同士の機微を表現した、中締めのお話は上手いと思う。
この話数の原作での位置付けはわからないのだが、瀬戸内から埼玉と舞台が移ってきたシリーズ序盤の締めとして、派手さは無いものの良くまとまっていた。
遠藤広隆コンテも浅井義之演出も脚本を生かして、ほど良い頃合い。
浅井氏はマジカノ、る~んでも何本か描いているから、岸監督の考えるポイントは外していないように思う。

中休み的な話数でもこれだけのもの上げてくるから、今のところ制作は順調に回っているのだろう。
絵の出来上がりは全く気にならない。
普段メカばっかり描いている印象がある村田峻治作監。GONZO制作回。

「瀬戸の花嫁」ライブソング SUN「your gravitation」 5/23発売予定(Amazon)
「瀬戸の花嫁」ライブソング LUNAR「Lunarian」 5/23発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。