アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋のアニメ新番組が出揃ったところで、少し感想など。

・はっぴいセブン
トライネットのイベントは「ラムネ」を見て、この「はっぴいセブン」はスルーパスしたのだが、放映が始まってみると案外と良く出来ている。
和風変身少女戦隊といったお話しだが、作画は丁寧で1話から2話までの導入もスムーズ。
あかほりさとる(赤堀悟)がプロデュースしている点が、なんとなく敬遠させていたのであるが、なんとなく「外道隊」の匂いも漂う。
くまちゃん(佐久間紅美)の九鬼友也は黒幕?役なのだが、さすがに芸の幅の広いくまちゃん、いい感じでこなしています。
もっとドスの効いた声も出るはずですが、キャラの雰囲気からして淡々とクールな感じが合っていると感じます。

・ラムネ
ねこねこソフト原作ゲームのTVアニメ化作品です。
関東地区の木曜深夜は恐ろしくアニメ放映がダブっていますので、ようやく土曜深夜のtvkで1話を見ました。
ヒロイン七海(CV:後藤邑子)は正統派ぽんこつキャラクターをこなしていますが、作画の微妙な「はずし」が気になります。
トライネットのイベントの試写の際に某福山ファンらしき婦女子から指摘されていますが、七海の視線が白痴的な表情に見えるのがいけません。
やることはぽんこつでも、頭はぽんこつではないので。
「野望」も一般視聴者にはわからないでしょう、ねこねこファンの内輪ウケに終わりそう。
あまり期待せず、ゆるゆる~っと見るのが良いでしょう。

・銀盤カレイドスコープ
第1話オープニング、短っ!しかもシルエット。間に合わなかったか。
第2話はオープニングありました.
ヒロインの一流フィギュアスケーターに男の幽霊が憑依。
原画は鈴平ひろだが、ちょっと可愛い出来ではない。西又と組まないとダメか?
男コーチがベルばら風で(w
朗読劇だと思って、川澄綾子の声を堪能するのが正解かも。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。