アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一応はノベル全部とキネティック版は終わらせているが、アニメには何の感慨を覚える事もなく、既に5話目。
今話はノベルでは黒(ブラック)シリーズ著者の大迫純一の脚本。アニメオリジナルシナリオ。

原作にもあるテーマ、神曲楽士と精霊の「契約解消」を扱っている。
精霊との契約関係に悩む神曲楽士スズナと、その精霊コチーノをメインにするのだが、キャラに魅力の無いこと著しい。
コチーノの前の契約楽士ヨキオはロックアーティストらしいが、人気に目が霞んで奏でる魂の形がゆがむ。彼に事実を気付かせようとコチーノから契約を解消した形だが、「彼の更生を願って身を引く」ような演歌的シナリオがどうもしっくり来ない。
契約精霊であれば、そんな歪んだ音楽は聞くに堪えないはずだろうから、コチーノの精霊としての存在を賭けての行動を見せて欲しいところ。
まあ赤髪の精霊ほどの我が侭さは見せなくてもかまわないが。

その赤髪の精霊コーティカルテが早々にデレを見せるのは早くないかなあ。
エンディングで事務所の皆から突っ込まれて頬を赤らめていたけど、我が侭さがまだ足りない。
しかもほとんど仕事してないのではないか?

謎の神曲楽士アカツキとその契約精霊メイルリートが再び現れるが、この話に絡ませる要素としては薄い。何でもライバルキャラとして出せば良いというものでもなかろう。
流石に尺足らずになるのか、事務所の双子ちゃんとレンバルトは出番なし。ファンの方は残念でした。
その割にはゲストキャラで藤村歩と水沢史江、ヤーディオの檜山修之、アカツキの小野大輔、メイルリートの能登麻美子など、出演キャストは減っていない。
構成を工夫してキャスト減らせば良いのにと思うのだが、1話完結形式が逆にネックになって柔軟性を欠いている。

たった20数分で1話語るには「あれも出したい、これも出したい」その中から削ぎ落としていかないと難しい。引き算していって、足りないくらいで丁度良くないだろうか。
特にこのシリーズのように1話完結形式で、要素の足し算で構成するのは、かえって散漫になって魅力を失うと思うのだが、どうだろうか。
シリーズ構成で、各話分担が出来ていない。単に12話を集めただけ。

絵は見込みなし。スタジオ九魔のグロス回。
誰が見たって早く安くの方針で作っている。
キャストの費用を少しは原画・動画に振り向けても良いのにと思うが、キャスティングマネージャーに都合良くあしらわれている感じ。
バランス良く目配りするプロデューサーがいないのだろうし、原作陣はアニメ化とその脚本で手一杯な感じ。
動画なのにパンとズーム、目パチ・口パク以外ほとんど動かないのは、崩壊を防ぐためにはかえって賢明な手段かも。
キネティックノベルをそのまま放送した方が、伝説になり得たかもしれない。

神曲奏界ポリフォニカ オリジナルドラマCD 7/11発売予定(Amazon)
キネティックノベルより高いのは複雑な感じ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。