アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息詰まる雰囲気も薄れて、明るさを感じる学園の様子も見られてホッとしたところ。
コミカルな部分も多く、デフォルメや大食いの桃花が可愛らしい。
ここまで(物語終盤)登場しながらも意味ない行動に見える章子は、学園編や物語前半のキーキャラなのだろう。今回も多少絡むものの重要ではなさそう。
ゲームでは他に多くのキャラがいるので、出番があるとすればこれ以降(物語中盤まで)の学園などで活躍か?
チョイとだけ出てきたユーリカの事にも触れられるだろう。

時系列の逆順を考えれば、物語の大詰めを迎えてシリアスさが増す頃の話。
前回放送分でセイ=桃花を捕らえたみはしが登場するが、ミイラから出てきたものの、その正体は次回以降にならないと判然としないか?
しかし神様の化身だの空海だの今回のサブタイの仏だの、キーワードがいくつか出てきたから、その関連で因縁が語られる事になるのだろうか。胡蝶三姉妹も絡むのだろう。
そのみはしに捕らえられたセイだが、両手吊りされ服を破られるに至るシーンは割愛。
脳内で第4.5話として補完するか、DVDのみ収録なんてことになりそうな予感。

鬼梗の割烹着姿の可愛らしさは、普段とのギャップの大きさゆえ。
「上津未原を守れるのは、そう長い時間ではないだろう」と鬼梗が言うのは、長びけばそれだけ由美子の中にいるジュナを苦しませる事になるから。
この時期に鬼梗は上巳の歌会から始まる一連の、イサミヒコの魂を静め上津未原救済の儀式を始める覚悟が出来たと思える。

儀式を前にゲームのロールが揃ってきた。
矢文でセイ=桃花を呼び出すマナ姫=真名の登場。二千年ぶりの再開、この場面でのセイは実体は桃花のままでもセイの意識で振る舞えるようだ。
また、フウも登場。すれ違った桃花に「お姉さま」と言っていたが、関係がわからない。
また「ジュナに会いに行く」とも。
水浴していたジュナが「フウは優しかったな」と回想していたが、二人の関係は?

鬼梗の秘密も少しわかってきた。
竜王を守るために呪いで消耗し何百年もフウに匿われていた、その呪いとは?
そして鬼梗の作りかけの人形たち。竜王の力を守り、赤剣を収めるために桃香も鬼梗に作られた器なのだろう。依り代が完全ではないと。

真琴は鬼梗から歌会の歌姫に指名されるのだが、竜王の力を蘇えらせるのには赤剣の力も関連すると、桃香も真琴も心得ている事になっていて、練習に励む。
セイ=桃花もキヌミヤ?で永遠の眠りにつく覚悟を決める。
セイは、この世界では桃花として幸せに生きて行く事が出来ない事を悟っている。それで第1話の別の世界での桃香との再会で願いが成就したのだろう。

キャストは新しい人が多い印象。
桃花(CV:早見沙織)と鬼梗(CV:山県さとみ)のキャストは新人だが、素人臭さは感じない。
寧々の藤村歩も真琴の喜多村英梨も若いが手堅い演技。

第1話で切らないで良かったと思った作品は久しぶり。
ゲーム買おうかと思わせる出来だから、販促としては効果あったか。

オープニング曲 ゆめおぼろ 6/20発売(Amazon)
エンディング曲 この世界がいつかは 6/20発売(Amazon)

桃華月憚 豪華版 5/25発売予定
Amazonで予約
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。