アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリーズ中盤への導入回。
あまり語られていなかった、依人の姉蒼乃と真名の妹こよりを中心にしたお話。

そろそろこよりが退院する頃。病院での蒼乃とこよりの出会いの回想を挟みながら、ちょっと良いお話に仕上げている。
蒼乃の折り紙とか、間違って買ってしまったコーヒーとか小道具を使いながら、二人の心理描写を浮き出している。
今回は、原案者の久弥直樹自身の脚本。
手放しで絶賛するほどではないが、日常の光景からドラマを紡ぎだす久弥テイストは充分に感じられる。
ゲームシナリオとも違い、アニメ特有の行間とカット間の補完をしないと間抜けになってしまうが、コンテの小林智樹監督と西村博昭がそつなく仕上げている。

蒼乃が物語の鍵を握っている。
話が大きく動き出すのは、蒼乃と茉莉が出会ってからのことだろう。
依人が蒼乃に買ってくる趣味の悪い人形だが、蒼乃の気に召したものは未だ無い。繭子が持っているうさぎのぬいぐるみが、それに該当するか?
「夜禍人」を巡って、茉莉・蒼乃・繭子の因縁が次第に明らかになる予感。
家に帰りたいという蒼乃の「倒れても死ななければいい」ってのは、その展開の中で意味を持つのだろう。少なくとも奇跡を願っているのではなく、現実と対峙する心構えを感じさせる。

今回は茉莉の出番は少ないものの、Aパート冒頭での真名との絡みは「最初は仲が悪かった嫁と姑が仲良くなって、亭主(息子)を弄る」パターンのようで可笑しい。
茉莉の何百年かの生涯で、森宮家と関わりがあったと思えるし、依人を子供・孫のような視点で見ている感がある。
今回はエロいのは無しですか?茉莉さん。

真名をバイト先のレストランまで送り、こよりを家まで送る依人の姿を辻堂が目に留めたから、茉莉を追って次回動きがあるのだろう。
この先、依人・茉莉に絡んで、真名とこより姉妹も見せ場があるような気がする。

オープニング曲「colorless wind」は作曲とアレンジは大久保薫だが、打ち込みの感じが I've っぽく聞こえるのは気のせいか?
オープニングアニメの絵コンテと相まって、Key作品を連想してしまう。

sola color.I (初回限定版)sola color.I (初回限定版)6/22発売予定 (Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。