アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブタイは角川映画からの借名2本目。この先「セーラー服と機関銃」は出ないとは思うが、わからない。
今話は、もうサブタイそのまま。正確には狙われているのは学園ではなく、永澄。
夏休みも明けて、燦も通うことになった学校の新学期。
瀬戸内組々員が、埼玉に集結。

男のクラス担任は「産休」で豪三郎に交替。漢字テストは仁侠用語。
その他にも数学教師の政さんは「シノギの方程式」
オクトパス中島は自らの足で家庭科調理実習、直情径行なシャーク藤代の体育教師。
保健の先生は蓮。抵抗さえしなければ、永澄の童貞はこの燦母に奪われそうだ・・・

刺客が多く登場した分、巻の演出は控えめだが、このくらいで丁度かもしれない。
出ずっぱりよりも、一発芸で美味しいところ持ってゆくのが似合う。
新キャラのサル、委員長も登場。
原作は知らないが、委員長は予想通りのメガネッ子キャラと演技。
サルは予想よりもアホに描いている印象。

ギャグは永澄と瀬戸組のドタバタ中心でワンパターンではあるのだが、構成が良いのか飽きないし、脚本の内容だけでは1話持たないような気がするが、コンテと演出の妙か、過不足なく尺に収まっている。原作付きとは言え、ギャグで30分もの1話を構成することは大変だろうが、今のところは成功している。
シャークに襲われた永澄が、女子の着替え中に飛び込む決断から、教室内を駆け抜けるスローモーに演歌の演出は素晴らしい。
燦の永澄を立てつつ瀬戸内組や人魚や妻である真相を隠しながら、二人の親密度が少しアップした甘酸っぱいラストもまとまりが良かった。

音源が同じだろうからマジカノで聞いたSEも多いけれど、過剰の一歩手前まで音をつけている。
男キャラの演技が目立った今回。巻のキャラは立ったから、燦の演出でもそろそろ何か仕掛けて欲しいところ。殊勝な妻を務める燦の演技も良いけどね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。