アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノベル版ポリフォニカシリーズでは監修者的な立場と言えば良いのか、日高真紅の脚本回。
キネティックノベル(PC/PS2)の第1話に相当する、フォロンの学生時代のお話。
基本はそれをなぞり、多少のアレンジを加えている程度だから、そう大きな破綻もない。
しかしアニメになった時に、シナリオの行間を絵に置き換えて表現できていないような気がする。
本当にキネティックの絵をパラパラ漫画にしたように、淡々と進む。
脚本だけではなく絵コンテの影響も大きいだろう。

第1話から2話の榊脚本ではシナリオが語りすぎていて、絵に表現できない部分がオーバーフローしていた印象。第3話は全体が低レベル。
今回は薄いシナリオを、絵コンテと演出が埋めきれていない。
これで1話持たせる内容ではなかったと思う。
シリーズ構成の視点でも、これを1話にもってくるか、第3話までにしっかり盛り上げておかないから、収まりの良くない話数になってしまっている。

今回は学院見学に来ていた双子ちゃん(入学前のこと)が、フォロンとコーティの再会場面に偶然立ち会った話。
キネティック版から改変した点は、途中からフォロンが校内を案内するところ、双子ちゃんが音叉を持っていてそれを取りに戻るところ(着てきたままの制服を返す設定から)、コーティが学院の石碑に封印されていること、敵精霊にフォロン達が襲われないところ、大きくはこのくらいか。

コーティとの再会の場面も盛り上げに欠け、反面ペルセのテンションは無用に高い(キャラ設定がそうだから忠実ではあるが)
ペルセのテンションの高さは、フォロンを巡ってコーティとの舌戦に真価を発揮するのだが、バス停で別れる際にその予兆を暗示した程度で、今回は抑えている。

食堂でフォロンが料理をペルセにかけてしまうのは変更無し。
宙に止まって見えたナイフは、この先の第8話の日高脚本回で双子ちゃんメインになると思うので、その時の伏線。
服を汚したペルセの着替えシーン割愛は改悪。貴重なパンツ要員なのだが惜しい(笑)
そういえばこのアニメシリーズ、微エロ成分に欠けている。コーティの活用を希望。
ノベルではコーティがフォロンを戸惑わせる、意味深なセリフが二つほどあるのだが、どこかで生かして欲しいところだ。
そう考えると、やはり原作陣の1話完結方式ではなくて、アニメ脚本家がクリムゾンシリーズ+αの内容でシリーズ構成した方がすっきりしたように思う。

理由は明かされていないが、今までコーティは精霊文字の部屋に封印されていた事になっている。
フォロンの歌でその力が解放されたわけだが、暴走が収まって実体化したコーティ(小)にあまり驚かないフォロン、感動薄い双子ちゃんで淡々としすぎたシーン。
コーティの足蹴やタコ殴りも前後のシーンをもっと盛り上げないから、ギャグとしては浮いて見える。

今回は練馬のアゼータピクチャーズのグロス制作。
もっと描ける所だと思ったのだが、スケジュールの問題か出来は良くない。
これもスケジュールの問題か、動画は太観アニメーションに出ている。
中割りが充分描けていないような仕上がり。
原画に輪をかけて動画も悲しいクオリティ。

神曲奏界ポリフォニカ 1 初回限定版
神曲奏界ポリフォニカ 1 初回限定版 7/11発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。