アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回から、永澄が暮らす実家での埼玉編。
プロペ通りが出てくるから、舞台のモデルは所沢のようです。
いきなり夏休み明けの学園生活に突入するかと思ったが、2クールの余裕かインターバルを1本入れてきた感じの構成。
話的には一段落の回でもあるのだが、手を抜いているって事はない。
永澄のクラスメイト銭形巡と燦の出会いを描き、埼玉編のエピローグとしては順当な内容。

今回の脚本は上江洲誠。本人がシリーズ構成をしている事もあろうが、こうヤマの少ない回でもきっちり書いている。彼がシリーズ構成をした「あまえないでよっ!!」でも、こんな感じでまとめていた。
ただ今話の脚本は1話構成するほどのボリュームがないことが見て取れるから、絵コンテと演出で膨らましている。

正義感の強い巡は警視総監の娘。だから「まわり」なのか。
その一直線さから暴走しやすい性格を、極道の娘の燦との類似性で描いている。
どうやら巡も永澄が気になる気配が漂っているが、永澄を争っての警察と極道の抗争の伏線として楽しみにしておく。
巡のキャストは森永理科。蒼星石とかたゆねの人。
いままで角のある声の印象があったが、今期の煉(風のスティグマ)にしても本作にしても柔らかさを前面に出して演じている印象。

本線はこれだけだが、定番ともいえる永澄と燦(おまけに巻も)のお風呂鉢合わせシーン、巡の入浴シーンとサービスで尺の大増量。湯気も大増量だが。
マジカノを思い出させる大量のSE、ギャグも回っているし、崩し絵カットもリミットギリギリ増量で許容範囲内で、力技っぽいが1話押し通している。
ただ、巻の使い方がしつこいと飽きられるのでご用心を。

ED画には巡が登場。シャークは人の姿に変身中。
一番のサービスはCパートの政さん。
岸監督はカウンターで呑むシーンが好きなようだが、このパートの作画が最良だった。
スナック明乃のカウンターで語る、渋い政と怪我の豪三郎で締めてくれた。

絵コンテ:柳瀬雄之、演出:唐戸光博、作監:小暮昌広

Romantic summerRomantic summer
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。