アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「黒の兄弟」(最初はクロノ兄弟かと思った)の登場回。
そして16面合体のガンメンの登場と、「男の合体」特訓ギャグと見どころは人によって違うかもしれない。
そのためかポイントが分散し、シナリオが散漫気味ではある。

個人的には今回第4話の見どころは作画。
キャラの線の具合で、最初はグロスに出したのかと思ったが、自社制作回。
絵コンテ・演出・原画・作監は小林治。亜細亜堂の人ではなく、同姓同名で「BECK」やった方。
ちょっと日本離れしたタッチは、好みの分かれるところか。ガイナックス臭さは薄い。
正直なところ出来は微妙。
キャラ、特にヨーコの艶っぽさがなく淡白。表情の動作も変かな。
ガンメンのデザインや戦闘シーンはいつもながらと思うが、ブータの尻尾を食べてパワー回復する演出はどうかと思う。
今回は「小林治のグレンラガン」と呼んでおく。
シリーズ通して見た中で、今回の評価は決まると思う。

絵よりも脚本が良くないのが気になるところ。
ギャグもテンポ悪い。「あたり前田のビスケット」ってパロは古すぎる。
序盤の「男の合体」特訓も間延びしていて、これで絵コンテ切るのは大変かと。
クレジットして無いけど、脚本も小林氏が手を入れたようだが、その甲斐もなく修正しきれずに印象の薄い回になってしまった。

今後も色々と絡むだろうから、「黒の兄弟」特に三姉妹にフォーカスを当てて構成して欲しいところだった。少ない出番ながらも結構キャラ立ちしているから、もう少し尺を割いてくれればと思う。
三姉妹のキャストは利奈&ダブル佳奈。良く特徴が出ている演技だけど、堪能するまでの出番が無い。

スポンサーのお約束的には戦闘シーンは必須だろうから、それを除いた尺の中で、三姉妹でもないヨーコでもない脚本の中途半端さに、大きなお友だちのやり場が無い状態かな。
今回はヨーコの空気化が少し悲しい。
高村ファンとしては、次回第5話に期待しておく。

*しかし公式ブログでのコメント見ると、ガイナックスファンは昔から変わらない気がする。過度の期待が偏愛に変わるからだろうか。

フィギュア 4/26発売 (Konamistyle)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。