アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ機動六課のメンバーが集結、それぞれの役割に応じて話が錯綜しながら進む。
まだ事件らしいことは起こらず、機動六課を立ち上げる契機となったロストロギア事件の説明を含むプロローグ。

各地で起きた大災害にの跡に残る痕跡、ロストロギアの蒐集を進める何者かが本シリーズの敵となるのだろう。
シグナムの上司となったフェイトの少し居心地悪そうな態度や、はやてとテーブルを囲むヴォルケンリッターたちの光景は、前作から見ている者には多少の感慨を抱かせる。
リインII のしぐさは可愛らしく描いている。

絵は褒められる出来ではない。
予告見ると次回も不安だが、絵柄が違うのでグロス回か?

フォワードの新隊員4人、スバル、ティアナ、エリオ、キャロ。
なのはが考案した空間シミュレーターを使って、早速のレリックに対する実践訓練。
手こずる4人を見て、なのは教官、なんだかとても嬉しそうなんですが。
しかし訓練の様子は、攻撃方法や技について説明くさいのが玉に瑕。
まだシリーズの導入部だから親切といえばそうだが、設定にこだわり過ぎるのもどうかと。

えーっと、はやてが用意したと言ってたようだが、なのはとフェイトは同室なんでしょうか?
キングサイズのベッドに、二人で床入りするところで終わりました。
このシリーズのコンセプトは、燃えと百合?

オープニング曲「SECRET AMBITION」(水樹奈々)
アレンジは頑張ってオープニングらしくまとめている印象。
ヴォーカルがもっと乗るメロディーラインだったら更に良いのだが。
SECRET AMBITION
SECRET AMBITION
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。