アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分家衆を殺したと神凪家に勘違いされたまま、父と対峙する和麻が中心のお話。
子供の頃に綾乃に力及ばず、家から追い出された和麻のトラウマが、いつしか父を倒す事が目標にすり変わっていたようだ。
案外見どころもない戦闘で、あっけなく父を倒した印象。
和麻の回想シーンが少しだけで、父・神凪家との確執の要因を伏線として張っていないのに、早々に戦いになってしまったから、感動が薄いのは仕方がない。

和麻の泊まるホテルを探し当てた弟の煉。
森永理科が声をあてているが、蒼星石より可愛らしく演じている。今期は他にも2本レギュラー(瀬戸の花嫁、怪物王女)
和麻を説得に来たようだが、本来の目的は和麻に会うことではないか?ハートマークが体中から発散してるし。
「今夜は泊まってけ」って、煉をホテルに連れ込む和麻。
キャラ設定見ると、煉も炎術の才能があるらしい、しかも未開発!
この先は和麻x煉をメインで希望。

戯れ言は置いといて、伏線をちょっと。
神凪家に仕える風術師の誰か(名前忘れた)が、息子は病気療養中でお役に立てないと言っているが、事件に関係ある伏せた設定があるのだろう。
事件の新犯人、謎の風術師と関わりがあると見る。

何者かがホテルを輪切りにし、崩壊。
前回と同じ神凪家に恨みがある風術師の仕業か、煉をさらって消える。
事件に出遅れた綾乃の勘違いは止まらないようで、和麻の企みだと思っている。

シナリオはともかく、絵コンテ・演出面では面白くなってきたような気がする。
スタッフロール見たら、今回の絵コンテはこでらかつゆき。
「ちょこシス」や「のだめ」でも、彼の絵コンテ回はメリハリが効いている。
アバンの喫茶店での綾乃のコミカルさとか、キャラのデフォルメなども効果的だった。

今回も綾乃の入浴シーンでサービスは忘れない。これの方針を徹底するのならば、この作品の美点として褒めよう。
この際、綾乃は勘違い暴走お色気キャラで突っ走ってもらうとして、ヒロイン!?は煉に譲ってくれ。
しかしレギュラーキャラとは言え、綾乃のクラスメイトの七瀬や由香里がパンチラや食い気要員、イロモノ担当とは少々もったいない。何か裏設定でもあれば面白いのだが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。