アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャラデ・総作監が細田直人、絵コンテが木村真一郎で見どころが多い話数だと思ったが、実はそうでもなかった。
間延びしたシリーズ構成と脚本では、この程度。騒がしい割にはスピード感がない。

島一番の力持ちのりん、その妹(妹分?)みことのお当番回か?
百合って程でもないが、みことにとって行人は眼中にないようだ。
普段はにこやかなのに、「妹に手を出すとただじゃおかない!」って凄むりんの表情は、少し黒楓入ってる(SHUFFLE!の監督は細田直人)

行人の荷物にあったゲーム機やケータイを映し、文化的な生活との対比をしておいてから、行人の手伝いを通して島の生活を描く。
水汲み・芋掘り・羊の毛刈り・乳搾りと行人のドタバタを描くが、Bパートのマツタケ狩りは尺の長いことこの上なし。

巨大マツタケに紛れて、食人のマツタケモドキが生えているが、見分けられない行人は食べられてばかり。
食人植物の話のコピーに過ぎず退屈この上ないが、りんのデレ化とすずに「本物は黒光りして、ちょっと酸っぱい匂いがする」と言わせたくらいが評価できるところ。

「島でただ一人、一人暮らしだったから行人がいてくれて嬉しい」ってすずの心情は、まだ行人に対する好意程度のものだろうから、行人とは偶然や事故以上に接触はないだろう。
もうしばらくはサブヒロイン持ち回りで、ドタバタと寸止めを繰り返すに違いない。
何せ2クールあるのだから。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。