アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の新番組で、見てはいるけれどレギュラーで感想を書いていない作品の感想を簡単に。

・「一騎当千 Dragon Destiny」
キャラデ・総作監:りんしんだから、惰性で見てるだけ。AT-Xでは、そろそろ終盤。

・「ハヤテのごとく」
原作読者向きなのか、パロとグロの受けどころが分からず。日曜朝から視聴中に寝オチ。
学園編が面白くなればいいなと思いながら、視聴継続中。

・「アイドルマスター XENOGLOSSIA」
オリジナル性とか深いことを考えなければ、結構良く出来ている。
アイマスを借名した、舞-HiME的サンライズ謹製ロボアニメ。

・「らき☆すた」
角川はお金持ちだが使い方がどうなの?と思う。
ハルヒ第二期への繋ぎなのか2クール。
オープニングは良く動くが、京アニはそのリソースで他の仕事をしてもらいたいところ。

・「シャイニング・ティアーズ×(クロス)ウィンド」
製作はSEGA。自社ゲーム販促アニメだが、どこかでボタンを掛け違えた出来具合。
設定や演出が、すっかりネタアニメの領域に昇華している。
異世界でいきなり超絶の主人公に、鞘となって都合良く胸から剣を主人公に捧げるヒロイン。ちょっとサービスシーン入れたり、女子ウケ狙いも感じられる。こんなRPGでいいんだろうか。Tonyのキャラ原案やキャストは良いのだが。

・「この青空に約束を― ~ようこそつぐみ寮へ~」
エロゲ・ギャルゲ原作で、珍しく私が感想を書かない作品。
「~編」の細切れ構成が、主人公への感情移入を阻むし、ヒロインの魅力を引き出すのには不向きで好きではない。
今期はアートランドは自社制作なのか?

・「かみちゃまかりん」
女児向けだからヌルイのは許すが、原画数少ないし絵コンテも冗長。動画も止め絵多し。
花鈴の言動に少々不安を覚える演出。
サテライト制作で、る~んから監督だけ代わったようなスタッフだから、まあこんなものか。

・その他
2クール目の「のだめ」は、原作コミック読み始めてみると大きく変わった演出も無い。視聴続けるもののレビューは終了。
「AIKa R-16:VIRGIN MISSION」と「ぼくらの」は録画しただけで、いつ見るか未定。

AIKa R-16:VIRGIN MISSION 1 特別限定版AIKa R-16:VIRGIN MISSION 1 特別限定版 4/25発売 (Amazon)
アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)アイドルマスター XENOGLOSSIA (1) 7/27発売 (Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。