アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作画のことは置いといて(後で書くけど)今回は待望(ちょっと嘘)の築地俊彦の脚本回。
彼はノベルで通称「青ポリ」の「ぶるうシリーズ」(イラストは兎塚エイジ)を書いているが、軽い筆致で彼らしさが出ていた。
他のアニメ作品では「いぬかみっ!」でも書いていたが、さて今回は?

南の島でツゲ事務所のバカンスと甘い話ではなく、沈没船から大切なものを引き揚げるように依頼を受けている。大企業の経営者の跡取り兄弟の争い。
しかし、話が軽い・・・
ぶるうの精霊ルーファなどは登場せず。
オープニングでは出ていたが、キャラ原案の問題もあって本編では無理か。
とすると、黒や白も出ないか。
赤(クリムゾンシリーズ)舞台で、各作家が脚本を書き下ろす形だろうか。

コーティカルテ使うまでも無い。相手も精霊を使った場合に保険かける意味はわかるが、沈没船からの引き揚げ作業は下級精霊を使うレンバルトのほうが得意そう。
なんと言っても、紅の殲滅姫(クリムゾン・アニヒレイタ)=コーティカルテに細かい作業は向いていないはず。

相手の闇の神曲楽士アカツキ・ディーレン(CV:小野大輔)も上級精霊メイルリート(CV:能登麻美子)を繰り出す。
フォロンとペルセルテの潜水艇が爆破され、コーティカルテの精霊雷シールドに守られる。
フォロンじゃないけど「だったら最初から潜水艇など無くてもいいじゃん」と突っ込みたくもなるが「疲れる・・・」ってコーティに言わせているのは、制作陣のホンネが出ているんじゃないか。
逆にいえば薄いシナリオを沈没船やら潜水艇やら精霊同士の戦闘でデコレートしているだけ。
しかも回収した依頼品は、ブリーフケースの幼い頃の仲の良い兄弟の写真とは。
他力本願で金だけかけて回収した写真見て仲直りできるなら、なんと安っぽい兄弟愛。それを競わせる父親の自作自演の偏愛。
コーティが撃破した相手は一体どうなったのか、そこまでの戦闘の意味付けも薄くカタルシス無き結末。

前回は「ちょっと良い話」って感じはあったのだが、今回は「ちょっとちょっとな話」
絵コンテでキャラの動機付け、尺の中での緩急や振幅を補強できれば良いのだが、今回は小林孝志絵コンテ。
特にAパートの止め絵で間延びした水着シーン。サービスカットにしては頭身変だし、キャラの眼が死んでいるのでちっとも萌えないし、尺稼ぎのよう。街の描写も長回し。
動画が多少弱くても、萌えキャラは止め絵でピシッと決めないと(これが上手いのが ZEXCSとかfeel.)
コーティ(小)などは原作画よりもバスト増量だが、何を勘違いしたか。コーティ(大)との差別化しないと、せっかくの変身も映えない。
見せ方ってあるはずなのだが、どうも全体的に時間が無い事を隠れ蓑に、機械的に仕事しているとしか思えないし、作品への情熱・愛情が感じられない。
制作も製作も、ものづくりの大切なところを忘れているとしか思えない。

世の中では「水着回は作画が悪い」法則や「テコ入れの水着回」法則があるようだが、この作品も例に漏れない。まあ、これ以上崩れなければ良しだが、脚本と絵コンテが足を引っ張ると、全体がすぐにダメダメになる。音響と演技もそれをカバーできない(していない)
キャストは新人の戸松遥も悪くないし、他は実力揃いなのに全然演技が出来ていない(させてもらえない、させる演出が無い)
これでは誰がキャストでも同じ事。今回のゲストキャラも、この内容なら他の若手でもいいじゃないかと思う。明田川仁っぽいキャスティングだから仕方ない感じだが、制作費は原画・動画にもっと割いてくれと思う。

アニメ作品は画だけでも脚本だけでも音響だけでもなく、それぞれのバランスの産物だと思うから、弱いところは指揮者である監督が調整しないといけないが、下田監督でもダメか。
時間と予算の無いなりにも戦い方はあると思うのだが。

1話完結形式で、原作未読者にはわかりづらい始まりだったが、ようやく第4話で学院時代のフォロンとコーティの出会いを補完するようだ(キネティック版の第1話相当か)
エンディングアニメーションは、背景と効果が少しついた。
オープニング曲は、微かな緊張感を持つ旋律を柔らかいriyaのヴォーカルに乗せて、この作品のテーマに良く合っている。
きちんと仕事の成果が見えるのはオープニング曲のeufoniusと、エンディング曲のkukuiだけ、今のところは。

神曲奏界ポリフォニカ えきさいと・ぶるう
神曲奏界ポリフォニカ えきさいと・ぶるう 発売中
神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK ~EPISODE 1&2 BOX EDITION~
神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK ~EPISODE 1&2 BOX EDITION~ 6/29発売予定
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。