アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前話の歌会の前日を描いている。時系列は過去へ遡っている事がはっきりした。
上津未原の救済とイサミヒコの魂の救済のため、桃香が用いた剣「赤剣」をキーワードに、桃香の夢(別世界での記憶かもしれない)と母親の由美子の夢(これも同じ)がクロスしているような、いないような(自信なし・・・)

桃香の真琴への夜這いは、サービスシーン。真琴可愛いなあ。
「ヤミと帽子と本の旅人」のオナニーシーンを易々とクリアして、今回は桃香と由美子の近親相姦シーン。桃香が由美子の本当の子供だとすればだが。
由美子の胸に顔を埋め、そのまま布団の中へ。
直接的に描写は出来ないが、由美子の足の指の反りや指に絡む粘液とセリフで想像させている。
絵とセリフに比べて劇伴がコミカルなのは、意図的にエロアニメ化を自主規制したギリギリの演出なのだと思う。
しかし「濡れすぎ」って由美子が言ってるから、それは桃香の事なのだが、男が濡れるとは言わないからなあ。由美子が桃香を女と思い込んでいる設定なら、それでもOKなのだが。
由美子も母親と言うには若すぎるように見え、寧々の態度や第1話での様子から見ると本当の母親ではないのだろうし、この時点では由美子は器だけなのかもしれない。
桃香もイサミヒコ救済のために、作り出された存在かも。

歌会を翌日に控えた学園で、桃花と真琴の昼食シーン。
「もしもお別れする事になったら、どうする」と真琴に問う桃花は、自分の宿命を知っている。
鬼梗も桃香の前に出現したり、真琴に「最後の歌会、竜王の力を解放するが良い」と舞台の根回しに余念が無い。
竜王の力か何処かに封印されていた、たるろってじゃなくて小悪魔ユーリカ登場。
桃花に恨みがあるようだが、いずれ明かされるのだろう。
「次に会えたなら桃香ちゃんに飛びついてキスします」って桃花の言葉は、第1話の伏線がここで張られている。

「だろう、かも」の感想が多い。
ゲームが出たら買って試さないといられないような、なんとも絶妙の放送開始タイミングとシリーズ構成。ゲーム販促には役立つ作品だろう。

伝奇・耽美・エロの要素が強いものの、桃花のコミカルな仕草をはじめギャグも少々。人物の相関図と事件の因果関係が悩ましいものの、全体のバランスは良く飽きさせない。
グロとまでいかないが、桃香の夢の描写はシリアス。「ひぐらし」のような眼をしていると思ったら、今回の絵コンテと演出は今千秋。

ヤミと帽子と本の旅人 DVD SPECIAL BOX
ヤミと帽子と本の旅人 DVD SPECIAL BOX avex版リニューアルパッケージで再販 6/6発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。